PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

今年こそ!子どもたちを立派な戦力に! 子どもといっしょに大掃除を楽しむ方法まとめ

2016.12.09本記事は公開日時点の内容に基づきます

そろそろ年末の大掃除を始めなきゃ!と焦るママも多いはず。
でも、子どもがいるとなかなか進まないんですよね~。そこで、提案。
今年の大掃除は、子どもも巻き込んで楽しくすませちゃいましょう♪
 
子どものテンションがあがるキュートなお掃除グッズや、ヤル気にさせる声がけのコツも教えます。ちゃんと教えて&褒めてあげれば、子どもだって立派な戦力になりますよ。

子どもたちを、大掃除の立派な戦力にするために!

まずは、子どもたちを大掃除の戦力にするために必要な心得やアイデアをまとめてみました!

①子どもたちが楽しくなるようなお掃除グッズを渡す!
形が可愛いスポンジや、子どもサイズのほうきなど、子どもたちが楽しくなるようなグッズが増えているので、ぜひ揃えてみてください。
 
②指示は具体的にしましょう!
指示は具体的にするのも忘れてはいけません。「本棚を片付けて」ではなく、「文字が書かれている表紙を全部前にして並べてね」など、何をどうするかを伝えてあげると、子どもも迷わずにできますよ。
 
③作業は短時間に設定!
子どもは集中力も続きませんし、最初は短時間でOK。がんばったらいっぱい褒めてあげて、大掃除=ママと一緒にできて楽しいとインプットさせるのがポイントです。
 
④怒らず、ありがとうの気持ちを持って!
年齢によっては、お手伝いというより逆に散らかしたり汚したりという場合もあるかもしれませんが、決して怒らず、ありがとうの気持ちを忘れないようにしてくださいね。

お掃除が楽しくなるグッズを投入!

子どもと一緒に大掃除をするなら、「楽しそう!使ってみたい!」と思わせるお掃除グッズを渡すのが一番の早道。ここからは、楽しそうなお掃除グッズをご紹介します。

あゆみさん(@ebiayu)が投稿した写真 -

小さな手にもぴったりな、おばけの形をしたメラミンスポンジ。洗面所の蛇口など、いつも自分が使っているところを、自分の顔が映るくらいピカピカに磨ければ合格です。

acaさん(@aca0_0)が投稿した写真 -

小学生や中学生なら、ウケ狙いで、こんな消しゴムみたいなメラミンスポンジを渡してみては?
兄弟・姉妹なら、上の子どもにはちょっと難しいことを頼んで、優越感と責任感を持たせるのがヤル気を出させるコツのひとつです。

パソコンのキーボードなど、細かなところは大人の手より子どもの方がお掃除もしやすいですよね。リーゼントのかつらを取ったら、モヒカン頭!こんな楽しい指人形ブラシで、家電の溝や隙間をどんどんキレイにしてもらいましょう♪

@elmomayhoが投稿した写真 -

ポンポンするだけでゴミが取れる静電気を利用したクリーナー。こんなグッズがあれば、お掃除も遊び感覚でできますね。

幼稚園くらいの年齢なら、軽くて持ちやすいハンディモップもおすすめです。最近のハンディモップは吸着力もすごいので、棚の上や階段など子どもがサーッとこするだけで、しっかり汚れをとってくれます。

@amesukoが投稿した写真 -

なぜか子どもが大好きなコロコロ。普段だと「遊んじゃダメ」と叱っちゃうママもいると思いますが、大掃除なら話は別ですよね。絨毯やクッション、玄関マットなど思う存分コロコロさせてあげてくださいね。

大掃除はただ手伝ってもらうだけでなく、「気持ちよく新しい年を迎えるためにお家をキレイにする」など意味合いもきちんと教えてあげたいですよね。
そして、大掃除をきっかけにしてお手伝いの楽しさも知って欲しい。写真のような、小さな自分専用のほうきなどを買い与えてあげるのもオススメです。小さいほうき、もし子どもが使ってくれなくても、お家にあるとちょっと便利です。

お掃除グッズを手作りして準備も楽しむ!

倹約志向のママは、お家にあるもので子どもと一緒にお掃除グッズを作ってみて!

使わなくなった歯ブラシも、少し熱を加えて曲げるだけで細かなところにも使える万能ブラシに早変わり!
窓枠や風呂場のタイル、換気扇の部品など、いつもなら1人で黙々としてしまう場所もこれがあれば、子どもと一緒に会話しながらお掃除できますね。

男の子なら、興奮しちゃって大掃除どころじゃないかも!?
ラップの芯などの上にクイックルワイパーを巻き付けて作れる、お手製ハンディモップ。マスキングテープやイラストでかわいくアレンジするのも良いですよね。

子どもたちが楽しんでくれそうなお掃除グッズや心得を紹介してきましたが、いかがでしたか?
なかなか気が重くなる大掃除ですが、準備から子どもと一緒にやれば、いつもとは違った気分で取り組めるはずなので、がんばりましょうね!!

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

梅雨を楽しもう!

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

梅雨を楽しもう!

Follow us on
  • Facebook
  • RSS