PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

【おでかけPINTO】アイススケートに雪遊び!子どもが楽しめる冬遊びスポット13

2017.01.13本記事は公開日時点の内容に基づきます

最近では、街中の商業施設などにアイススケートリンクが新設されるなど、冬ならではの遊び場もたくさんできています!
ベビーでも安心な雪遊びなど、冬ならではの遊びを満喫できるスポットを紹介します。今年の冬は寒さに負けず、元気いっぱい遊んじゃいましょう♪

スケートリンクがアートな空間に!「アートリンクin横浜赤レンガ倉庫」

eyu34さん(@eyu34)が投稿した写真 -

@hide0840が投稿した写真 -

今や冬の風物詩となった「アートリンクin横浜赤レンガ倉庫」。2005年から多彩なアーティストのコラボレーションを繰り広げていますが、今年は横浜平沼高等学校美術部とタッグを組みました。
日本の四季をテーマに色々な絵が描かれていますが、数々の賞を受賞する実力派の美術部というだけあって、完成度が高く、高校生ならではのアイデアにも驚かされます。楽しくスケートするだけでなく、子どもたちのお勉強にもぴったりですよね。
 
 
「アートリンクin横浜赤レンガ倉庫」

都内最大級のリンクでゆったりと「Ice Rink in Tokyo Midtown」

子ども連れの家族、カップル、オフィスワーカーまで楽しめるようにと設置された東京ミッドタウンの屋外アイススケートリンク。最大200人を収容できるという都内最大級の大きさで、昨年は約4万人が来場したそう。お買い物ついでに気軽に遊べるのも◎。
 
Ice Rink in Tokyo Midtown

買い物ついでにひと滑りできちゃう「二子玉ライズ スケートガーデン2016」

アキさん(@akiiaki_)が投稿した写真 -

広さ390㎡の本格的なアイススケートリンク。場所がらファミリーや子どもが多いのも、安心して滑れる要素のひとつですよね。
二子玉ライズで食事をした後の腹ごなしにもぴったり☆
 
二子玉ライズ スケートガーデン2016

グランフロント大阪にスケートリンクが!「氷deつるんつるん」

グランフロント大阪のうめきた広場にある「アイスリンク氷deつるんつるん」。JR大阪駅からすぐでアクセスも良いですし、買い物ついでに遊べちゃいます。
夜はライトアップされるのでキレイですよ!
 
アイスリンク氷deつるんつるん

幻想的な光の中でアイススケートを!「umieアイスマリーナ」(神戸)

昨年に引き続き、2度目の実施となる神戸ハーバーランドの「umieアイスマリーナ」。日没後はリンクがライトアップされて、まるで光の中を滑っているかのようなロマンチックな雰囲気に。夜景にもうっとりです。
すぐそばのアンパンマンミュージアムなどで遊んだ帰りに行けるのも嬉しいですよね。
 
umieアイスマリーナ

音と光のファンタジスケート「ひょうご西宮アイスアリーナ」

2013年にオープンしたアイススケート場。週末や祝日には、ミラーボールやムービングライトの照明とBGMの演出があります。アイスショーの一員になった気分で、気持ちよく滑れますよ♪
 
ひょうご西宮アイスアリーナ

上級者なら国際規格のスケートリンクへ!

NICOさん(@nikocche57)が投稿した写真 -

1年中アイススケートが楽しめる大阪の「浪速アイススケート場」は、60m×30mの国際規格を持っているので、とにかく広々!スケート教室や、親子で参加できるプログラムなどもたくさん用意されています。
 
浪速アイススケート場
 

東京の「シチズンプラザ」も、国際企画を満たした広々スケートリンク。スケートの個人レッスンをしているので、上達を目指すならぜひ受けてみて!
 
シチズンプラザ

アイススケートも雪遊びも両方できる!大阪「ひらかたパーク」

大阪の遊園地「ひらかたパーク」で2月26日まで開催されているウィンターカーニバル。1ヶ所で雪遊びもスケートもどちらも楽しめるだけでなく、夜は100万個の電球で彩られたイルミネーションも見ることができるとあって人気です。
屋外にはスケートリンクが3つありますが、幼児用のベビーリンク、スケート初心者のちびっこ向けのサブリンク、大人も子どももOKなメインリンクと分けられているのが嬉しいですよね。
雪に触れられる雪遊び広場には、ミニゲレンデや巨大スライダーもありますよ。
 
ひらかたパーク

子ども大興奮の滑り台があります!「西武園ゆうえんち 雪の王国」

Mamiさん(@maaammm1)が投稿した写真 -

雪に触れさせてあげたいけど、スキー場に行くのはちょっと大変・・・というファミリーにおすすめなのが、埼玉の「西武園ゆうえんち 雪の王国」。高さ3m、長さ12mのふわふわスライダーに、スノーストライダー、約25mの滑り台も完備!
子どもに人気のステージショーなどもありますよ。
 
埼玉「西武園ゆうえんち 雪の王国」

東京ドーム20個分の雪の遊園地「黒姫ファミリーパーク」

長野県にある「黒姫スノーパーク」。こちらの自慢は、東京ドーム20個分の広さを誇る「黒姫ファミリーパーク」という雪の遊園地。
長靴のままのれるリフト、ストライダーの公式ウィンターコース、スノーラフティングやキッズモービルなどアトラクションも盛りだくさん!
 
黒姫スノーパーク

都心から1時間。帰りはアウトレットへ!「軽井沢プリンスホテルスキー場」

都心から約1時間という抜群のアクセスの良さを誇る軽井沢。しかも、晴天率が90%というのも嬉しいポイント。
こちらは小学生以下のリフト券が無料で、プリンスホテルに隣接していることもあり、スキーデビュー旅行のファミリーもたくさん!
アフタースキーには、近くのアウトレットでショッピングが定番です。
 
軽井沢プリンスホテルスキー場

雪遊び以外も楽しい「軽井沢おもちゃ王国」

hiroさん(@kai_chan03)が投稿した写真 -

冬季限定で登場するそり遊び広場では、400㎡のそり遊びが楽しめます。コースもゆるやかなので、幼児でも安心。
寒くなったら室内遊びもできるので、雪遊びデビューはここでというファミリーも多数!
 
軽井沢おもちゃ王国

国内初!トンネル付き動く歩道がある「奥伊吹スキー場」

yasueさん(@yasueeeee3)が投稿した写真 -

滋賀県・奥伊吹スキー場のちびっこゲレンデにあるのはなんと、国内初のトンネル付き動く歩道・サンキッド。慣れてないと、雪の上を移動するのは大変だけど、そりで滑ったら、サンキッドに乗って上に登ってと、リフト感覚で使えるので子どもたちも楽ちんです。
 
奥伊吹スキー場

関東・関西を中心に子どもたちが楽しめる冬遊びスポットを紹介しましたが、いかがでしたか?
街中にスケートリンクが登場したり、スキー場でも新しいアクティビティが続々登場していたり。子どもたちがきっと笑顔になれる冬遊びを満喫してくださいね♪

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

梅雨を楽しもう!

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

梅雨を楽しもう!

Follow us on
  • Facebook
  • RSS