PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

可愛すぎて癒される♪ 親子で作ってみたい「動物ぽんぽん」

2017.06.02本記事は公開日時点の内容に基づきます

毛糸のぽんぽんをアレンジして作る「動物ぽんぽん」って、ご存知ですか?
フワフワ&モフモフした感じがとってもキュートで、テレビなどで紹介されたところ人気が爆発!
ハマる人が続出しているんです。
今回は、親子で作って楽しめる「動物ぽんぽん」をご紹介します♪

「動物ぽんぽん」って何?

「動物ぽんぽん」の生みの親は、trikotori/黒田 翼(@trikotri222)さん。手芸店で働ていた当時、2014年に制作した「森の動物たちのぽんぽんブローチ」が、『第1回ハンドメイド大賞(produced by 藤久株式会社×minne)』で大賞およびアクセサリー部門賞をダブル受賞しました。
 
2016年2月には、動物ぽんぽんの作品や作り方を紹介した本『動物ぽんぽん -毛糸をぐるぐる巻いて作るふかふかマスコット』が誠文堂新光社より発売され、12万部を超える大ヒットに。ハンドメイド好きの女性のみならず海外の男性まで、たくさんの方が「動物ぽんぽん」作りを楽しんでいます。

動物ぽんぽん特設サイト
https://www.seibundo-shinkosha.net/pickup/ponpon

作り方は意外と簡単!? ハマり出したら止まらない

きりさん(@kiritommy)がシェアした投稿 -

「動物ぽんぽん」を作るには、通常のポンポンを作ってから形を整えていきます。ポンポンメーカーを使うと簡単♪

動物の模様を想定しながら、ポンポンメーカーに毛糸を巻いていき、巻き終わったら顔の形を整えて、目や鼻、耳などのパーツを付けていきます。
目や鼻は市販のパーツや、羊毛フェルトを使って作ります。

Mikiさん(@mki_tkt)がシェアした投稿 -

作り出したらハマってしまう人も多く、こんなにたくさんの「動物ぽんぽん」を作成している人も。上が毛糸を巻き終わったところで、下が完成形です。
 
なかには、本に掲載されている以外の“オリジナル”を制作している達人もいますよ!

続編「犬ぽんぽん」も発行されています

「動物ぽんぽん」が好評につき、今年3月には犬ばかりを集めた『犬ぽんぽん 毛糸を巻いてつくる表情ゆたかな動物』が発売されました。
 
人気の柴犬をはじめ、ポメラニアンやトイ・プードルなど23犬種、31種類の作り方が紹介されています。

こちらは、trikotori/黒田 翼さんによる柴犬の作り方。動画で見ると分かりやすいですよね。

インスタで発見★みんなの「動物ぽんぽん」

インスタグラムでも、たくさんの「動物ぽんぽん」写真が投稿されています。
みなさんの作品をご紹介します★

こちらは色違いの3匹のクマさん。
お子さんと一緒に作るなら、単色のものから始めるとやりやすいかも。

縞の模様が特徴のシマリスです。難しい模様も、ちゃんと本に作り方が掲載されています。
ほっぺの感じが、なんとも愛くるしいですよね♪

テディベアカットのプードルです。
まるで生きているかのような完成度!

こちらも「犬ぽんぽん」。1つ1つ表情が違うのも魅力的です。

こちらは、おとぎ話に出てきそうなネズミさん。鼻と長いしっぽが特徴ですね☆

ペットと同じ「動物ぽんぽん」を作る人も

なかには、愛犬の顔にそっくりな「犬ぽんぽん」を作っている人もいらっしゃいます。すごく似てる~!!

市販のパーツを付けて、アクセサリーなどに

ゆずさん(@yuzu_32)がシェアした投稿 -

「動物ぽんぽん」の発端がブローチだったように、市販のパーツを付けてブローチにしたり、アクセサリーにしたりできます。

そのほか、ヘアゴムを付けたり、キーチェーンを付けたりとアレンジも自在。
お子さんとお揃いのキーホルダーを付けても素敵ですよね!

基本的には“顔だけ”な「動物ぽんぽん」ですが、楽しみ方は自由自在。
胴体を付けると、キュートなぬいぐるみが完成します★

プードルの「動物ぽんぽん」をティーカップに入れれば、ティーカッププードルに変身!
プレゼントにも喜ばれそうです。

小さなバッグにいれてもカワイイですよね。完成度が高くて本物みたいです!

たくさんの「動物ぽんぽん」を収容した、“ぽんぽんマンション”だそうです。下のほうに見える、お尻だけのぽんぽんも面白いですよね。

まとめ

ここ1年ちょっとで人気急上昇中の「動物ぽんぽん」をご紹介しました。
最初は動物の模様を出すのに苦労する人も多いようですが、慣れてくると表情を付けることもできるように★ 
毛糸をグルグルと巻き付ける作業は、お子さんにもできますので、ぜひ親子で「動物ぽんぽん」作りを楽しんでみて下さいね♪

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

梅雨を楽しもう!

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

梅雨を楽しもう!

Follow us on
  • Facebook
  • RSS