子どもと写真アートにチャレンジ!遠近法を使った撮影テクまとめ | PINTO | スタジオアリス

PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

子どもと写真アートにチャレンジ!遠近法を使った撮影テクまとめ

2016.05.19本記事は公開日時点の内容に基づきます

ママやパパがこどもの写真を撮影する時は、何か集中している時を撮影したり、にこにこして!とお願いしたり。
どうしても一方的になってしまいがちですよね。こどもも撮影されることに飽きちゃって、ちょっと楽しくなさそう…。

そんな時に使って欲しいのが、この遠近法を使った写真アートです!

遠近法を使った写真って?

@kzk_parisが投稿した写真 -

エッフェル塔より大きい赤ちゃん!?このように、近くあるものと遠くにあるものをうまく調整して、普通ではありえないだまし絵のような写真を作ること。
アイデア次第でとってもおもしろい写真が撮れそうでしょ?

巨人になろう!大きいものとコラボすればカンタン

お出かけ先で大きな塔や像を見つけた時は迷わずチャレンジ!
遠近法を使った写真アートはポーズやアングルの調整に工夫が必要ですが、大きい建物を背景にすると、カメラから人物が近いので調整がしやすいんです。

巨人がスカイツリーを支えてる!? 下からあおったアングルで、塔に手を添えているようにしてもらいましょう。撮影者の細かい指示があれば、撮影もカンタン!旅行のいい思い出になりますね。

まりさん(@maa317poci)が投稿した写真 -

自由の女神をつかまえた!ママが娘さんと協力して撮影した写真です。
これなら撮影されるこどもも楽しんでやってくれそう!

か~め~は~め~波―!地球で見られる一番大きいもの・太陽とコラボすればこんな写真も。
こどもが大好きなアニメキャラの技を再現しちゃいましょ!

小人になろう!手前に物、奥に人物の配置で撮影

手前に撮影者の手やコップなどのものを置き、人物が奥に行くことでなんと小人になれちゃいます。
ただし、撮影者と遠く離れて撮ることになるので難易度は高め。手前に置くものを用意したり、アイデアが試される方法です!

お花の上にちょこんと乗った小人さん☆
この写真を撮るために親子で楽しい会話があったことがイメージできる楽しい写真♪これならすぐに真似できそう!

きょ、恐竜に襲われる!手前に恐竜のフィギュアを置いて、かなり遠くまで行って撮影されたようです。
こどものおもちゃを手前に置けば似た写真が撮れるかも。大勢で撮るといっそう楽しい写真になりますね!

@nanam327が投稿した写真 -

ジュースのフタで踊っているのは小人!?
ジュースに手を添えていることで、より遠近感が出ていますね!

お出かけする時は写真アートにチャレンジしてみて!

スマホでいろいろ加工できる時代だからこそ、撮影する人のがんばりやアイデアがわかる写真がステキです。

アイデアからこどもと一緒に考えて撮影すれば親子のコミュニケーションにもなります。

お出かけする時は、ぜひ写真アートが撮れないか考えてみてくださいね☆

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

思い出の残る夏にしよう

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

思い出の残る夏にしよう

Follow us on
  • Facebook
  • RSS