PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

【アンケート】読書感想文にもピッタリ♪ 先輩ママたちがオススメする話題の本って?

2017.08.17本記事は公開日時点の内容に基づきます

夏休みの手ごわい宿題のひとつが“読書感想文”ですよね。
今回は、先輩ママにオススメの絵本や読書感想文にオススメの本をアンケート。
『はらぺこあおむし』や『あらしのよるに』、『100万回生きたねこ』といった名作や話題の作品など、たくさんの回答をいただきました。そのアンケートを参考に、おすすめの本をピックアップしていきますよ!
 
【調査概要】
調査機関:2017年7月
調査対象:全国各地に居住する20〜50代の方
調査方法:インターネット調査

幼児向けのオススメ絵本編

読書感想文を書くわけではありませんが、子どもたちには時間のある夏休みに少しでも本を読んでほしいと思いますよね。そこで、ママたちがオススメする幼児向けの絵本をピックアップしました!

●パンダの模様の秘密が判明(⁉)『パンダ銭湯』

『かおノート』や『やさいさん』など、数々のヒット作を生み出すユニットtupera tuperaの大人気絵本。パンダしか入れない銭湯を舞台に繰り広げられる、ユニークな風景が描かれています。赤ちゃんから楽しめる1冊ですよ。
 
オススメしてくださったママの感想は次の通りです!

「パンダの白黒模様はそうなっていたの!?と、子どもはびっくり、大人も一緒に楽しめます。また、背景にもさりげなく笑いのツボが隠されていて、何度もじっくり楽しめるおすすめの絵本です」(長女6歳、次女3歳)

「パンダの秘密が明らかになるというストーリーが面白く、乳児にも分かる白と黒の配色で、読むと毎回食い付いて目で追っています」(長女0歳のママ)

「パンダがお風呂で黒い部分を外すのが面白いようでした。何度も読みました」(長男11歳)

●大人気ヨシタケシンスケさんの絵本『りんごかもしれない』

@yty__yがシェアした投稿 -

大人気絵本作家・ヨシタケシンスケさんの記念すべき1作目のオリジナル絵本作品。
「第6回MOE絵本屋さん大賞2013」の第1位に輝いた作品です。
テーブルの上に置かれたりんごは、もしかしたらりんごではないかも? 楽しいヨシタケワールドに引き込まれます♪
 

「子供のユニークな発想が面白くて、楽しくなってきます」(長女11歳、次女8歳)

「今までにない感覚の絵本です。一つのりんごが○○かもしれないという発想に、笑いとワクワクが詰まっています。子供も次は何だ?と気になるようで楽しんでいました。親子で楽しめる一冊です」(長男9歳、次男2歳)

というような感想がありました。

ヨシタケシンスケさんの“発想えほん”はシリーズ化されていて、『このあとどうしちゃおう』も大人気です。亡くなったおじいちゃんが1冊のノートに描いた死後の世界がとってもかわいくてユニークです。

「人の死について考えさせられます。小さくて理解できないと思うかもしれませんが、小さいからこそ読み聞かせたいです」(長男5歳、次男0歳2ヶ月)

●ママも知っている『おしいれのぼうけん』

1974年に発行されて以来、累計200万部を超えるロングセラー絵本。ふるたたるひさん・たばたせいいちさんによる作品で、読んだことのあるママも多いのでは?
80ページとボリュームたっぷりですが、駆け抜けるようなストーリー展開で夢中になってくれますよ。
 

「お昼寝の時間に悪いことをして押し入れに閉じ込められた、主人公のさとしとあきらの押入れの中の出来事が、保育園に通っていた頃の子供たちにぴったりリンクするようで、何回読んで聞かせても、わくわく、ドキドキ感があるようです。我が家で一番人気の絵本でした」(長男13歳、長女9歳)

2014年には『おしいれのぼうけん』刊行40周年を記念して、大盤面のすごろくが発売されました。絵本の世界を臨場感たっぷりに楽しめます。

●ぬいぐるみも登場した『こんとあき』

小さな女の子“あき”と、あきのおばあちゃんが作ったぬいぐるみの“こん”が繰り広げる冒険物語。1989年に刊行され長く愛される林明子さんの作品ですが、ついに今年キツネの“こん”が本物のぬいぐるみになりました。
 

「ぬいぐるみのこんと、小さな女の子あきが砂丘町にいるおばあちゃんの家に行くという絵本です。砂丘町に向かう間に、こんがあきに対して思いやりのある行動をするのが魅力的」(長女17歳、次女11歳)

「主人公の女の子が生まれてからずっと一緒にいるキツネのぬいぐるみとのやりとりから、物を大切にする気持ち、相手を思う気持ちがわかりやすいようで娘も感情移入しやすいようです」(長女7歳、次女4歳)

「ぬいぐるみだけど本当のお友達みたいで、いつも一緒で優しさに溢れた本」(長男6歳、長女3歳)

@mami.043がシェアした投稿 -

作者である林明子さんの初絵本作品『はじめてのおつかい』の刊行40周年を記念し、「絵本のひきだし 林明子原画展」が全国各地で開催されています。2017年8月27日(日)までは、ひろしま美術館にて開催中。その後、鳥取・兵庫・宮城と続きます。

小学校低学年~中学年の読書感想文にぴったりな児童書編

小学生のお子さんの読書感想文にぴったりな本を探しているママにオススメしたい児童書をピックアップしました。

●あきらめない気持ちを学ぶ『エルマーのぼうけん』

1948年にアメリカで生まれ、1963年に日本語版が出版された不朽の名作です。シリーズ作品になっていて、エルマーの冒険物語にワクワクしながら困難に立ち向かう姿から多くのことを学んでくれるハズです。
 

「絵本を卒業し、文字の本を読み始めるのにおすすめです。字も大きく、挿絵も多めに入っているため、子供も読みながら想像して理解するのが簡単だと思います」(長女6歳、次女3歳)

「数々の困難を知恵と勇気で乗り越えていく少年の姿に自分を重ねて、諦めない気持ちを知ってもらえると思います」(長男8歳)

「定番中の定番ですが、冒険物なので子どもが夢中になって読んでくれます。まずは読まないと感想文は書けませんからね」(長女7歳)

●失敗を乗り越える力に!『しっぱいにかんぱい!』

子どもたちに身近な悩みを題材にした、宮川ひろさんの「かんぱい!」シリーズ1作目。現在までに10作品が刊行されています。初めての“しっぱい”に、どん底まで落ち込む女の子が、どのように立ち直っていくのか。2009年の「青少年読書感想文全国コンクール小学校低学年の部」課題図書にも選定された作品です。
 

「小学2年生の姪っ子が読んでいた絵本です。小学6年生の女の子が運動会で失敗してしまった後、そのおじいちゃんが家族みんなのこれまでの失敗談について話してくれます。小学校に入りだんだん周りの目が気になってきて恥ずかしくなってくる子供に対して、色々なことに挑戦することの背中を押してくれるような本でした」(長女3歳、次女1歳)

「失敗してもいつか笑い話にもなるし、失敗してまた次の励みになることと思います」(長男7歳、次男4歳)

●ユーモアたっぷりの12通の手紙『クレヨンからのおねがい!』

『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラーリストで第1位を獲得し、2015年に「青少年読書感想文全国コンクール」の課題図書に選定された作品です。
12色のクレヨンから主人公に宛てられた12通の手紙はユーモアたっぷり。絵本なので、まだ児童書が苦手な1年生にも読みやすく、4・5歳児にも楽しめる内容です。
 

「いろいろな色のクレヨンのそれぞれの特徴、気持ちが書かれており、とても面白いです。あるある!わかる、わかる!と読みながら思います。面白おかしく書かれているけれど、きっとそれぞれの色のクレヨンが大事に。そしてたくさん使ってほしいのかなと思える、何ともかわいい本だと思います」(長男11歳、長女7歳)

「読書感想文コンクールの低学年の課題図書になった本です。12色のクレヨンからの12通の手紙。単純に楽しくも読めますが、集団行動をする小学生には、それぞれの言い分をよーく考えてみることもできるので、深読みもできるかと」(長女10歳、次女9歳、三女7歳)

●「絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日」

食肉解体業に携わる坂本さんによる実話エピソードが原案。助産師の内田美智子さんが本に綴り、10万部を超える大ヒットとなった感動作が2013年に絵本になりました。ずっと自分の仕事が嫌だった坂本さんでしたが、小学3年生の息子さんの授業参観や、牛のみいちゃんと女の子との出会いを通じて意識が変わっていきます。絵本なので小学校低学年のお子さんでも理解しやすく、読書感想文にピッタリです。
 
 

「食肉センターで働いており、“牛のいのちを解く”ことを仕事にしている坂本さんのお話です。人間は動物たちのいのちをいただいているんだ、“いのちを解く”仕事をしている人たちのおかげで毎日ご飯が食べられているんだ、ということがわかると思います」(長女9歳、次女8歳)

まとめ

ママたちのアンケートを参考に、おすすめの幼児向け絵本&読書感想文にオススメの児童書をピックアップしました。屋外で遊ぶことがはばかられるような暑い日が続きますが、そんな日は涼しい屋内で素敵な本をたくさん読んでくださいね♪

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

卒園卒業・入園入学おめでとう

こちらもおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

卒園卒業・入園入学おめでとう

Follow us on
  • Facebook
  • RSS