PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

2018年は戌年(いぬどし)! 戌にまつわる神社・お寺で初詣を【京都・関西編】

2017.12.04本記事は公開日時点の内容に基づきます

2017年も11月、あっという間に2018年を迎えますね。
新年の最初のイベントでもある、初詣の場所は決まりましたか?
干支にはそれぞれ意味や縁起があります。
今回は、2018年の干支“戌(いぬ)”にまつわる神社やお寺をご紹介します。

 

干支の戌(いぬ)には、どんな意味がある?

犬は私たちの生活との関係が深く、愛犬家の人にとって戌年は、少し特別な思いもあるかもしれませんね。
干支にはそれぞれ、縁起があります。
犬はお産が比較的軽いとされることから、安産の守り神として親しまれてきました。
さらに、戌の干支の特徴として、勤勉で努力家とされているそうです。
人懐こく忠誠心が強い犬にまつわる寺社仏閣へお参りすれば、家族や友人など大切な人とのつながりを、より強くできる一年になるのではないでしょうか。
 
ここからは、戌年の犬にまつわる神社やお寺を見ていきましょう。

妙見堂(三宝寺)<京都>

戌年の守護神としての信仰があついお寺。境内には、「洛陽十二支妙見」のひとつ”戌”の妙見・北辰妙見大菩薩をまつる妙見堂があります。
開運厄除け・方除け・寿福のご利益があるといわれ、「鳴滝の妙見さま」と古くから親しまれています。

〆鯖さん(@shime38)がシェアした投稿 -

母犬と可愛い子犬たちの石像「子宝犬」もあります。
 
三宝寺
京都市右京区鳴滝松本町32
三宝寺についてはこちら>>
 

泉涌寺 即成院<京都>

弘法大師が庵を結び、法輪寺と名付けたことを起源とする泉涌寺の塔頭の一つ。
阿弥陀如来像と重要文化財に指定されている二十五菩薩が鎮座する、由緒あるお寺です。

境内にはご修行の弘法大師と2匹の犬の像が立っています。真言密教の根本道場の地を探していた弘法大師を、神使である黒と白の犬が高野の地へ導いたという伝説が由縁だそう。
 
泉涌寺
京都市東山区泉涌寺山内町27
泉涌寺についてはこちら>>

高山寺<京都>

鎌倉時代に高山寺中興の祖とされる華厳宗の僧、明恵(みょうえ)が再建したといわれる寺院。
秋の紅葉の頃には多くの参拝客で賑わいます。
世界遺産にも登録され、国宝の石水院からの眺めは必見。
そのほか、鳥獣戯画をはじめとした国宝級の見どころがたくさんあります。

石水院では高山寺を再興した明恵上人がそばに置いて大事にしていたという、仔犬をモデルにした木彫りを見ることも。愛犬家をはじめ、今も多くの人の心を和ませています。
 
高山寺
京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8
高山寺についてはこちら>>
 

吉水神社<奈良>

ペットに優しい神社として有名な吉水神社。
もとは吉水院という、金峯山寺の格式高い僧坊でしたが、
明治のはじめ、後醍醐天皇、楠木正成公、宗伸法印をまつる神社に改められたのだそう。
 
神社と犬との関係は、御祭神である後醍醐天皇にあって、天皇が京都から吉野に来られた際、心を慰めたのは柴犬だったと言われています。
また、楠木正成公も紀州犬を大切に飼養されていたことから、犬との関係が深い神社となりました。

ペット連れの参拝客が全国から訪れます。ペット用のお守りなどが豊富なのも魅力ですね。
 
吉水神社
奈良県吉野郡吉野町吉野山579
吉水神社についてはこちら>>
 

慈尊院<和歌山>

さん(@biskelt)がシェアした投稿 -

弘法大師が創建。犬とのゆかりは、1988年春、慈尊院に住みついた「ゴン」の物語。
毎日、高野山・金剛峯寺まで多くの参拝者を先導し、「お大師さんの使いの名犬」として脚光を浴び、
たくさんの人々に愛されました。現在は石碑が建てられ、高野山の案内犬として今も参拝者たちを見守っています。

2002年に息を引き取った「ゴン」ですが、その人気は衰えることなく、今も多くの参拝者が石碑に手を合わせるそうです。
 
 慈尊院
和歌山県伊都郡九度山町慈尊院832
慈尊院についてはこちら>>
 

伊勢神宮<三重>

「一生に一度はお伊勢参り」と言われ、今でも全国から訪れる参拝者で賑わう伊勢神宮。
しかし、江戸時代に伊勢神宮へお参りに行くのは、とても大変なことでした。
そこで、飼い主の代理でお参りする「おかげ犬」が活躍したそうです。
おかげ犬は、お参りに行く近所の人に連れて行ってもらい、伊勢神宮を参拝する旅に出ました。
飼い主は旅に必要な資金と、伊勢参りをする旨を書いたメモを首に結んで、おかげ犬を送り出したそうです。
人間と犬の深い繋がりを感じられますよね。

そんな、犬ととても縁が深い伊勢神宮。
おかげ横丁にはおかげ犬のおみくじや、お守りなどのグッズも販売されています。
 
伊勢神宮
三重県伊勢市宇治館町1
伊勢神宮についてはこちら>>
 

小野 住吉神社<兵庫>

こちらは、愛犬の健康長寿・病気平癒・交通安全などを願う、「犬幸祈願(けんこうきがん)」のご祈祷をしてくれる神社です。家族の一員である愛犬の健康や幸せを願い、ご祈祷する人が増えているそう。
一緒に参拝できるので、ぜひワンちゃんと共に初詣に参ってみてはいかがでしょうか。
※ご祈祷には予約が必要。
 
 小野住吉神社
兵庫県小野市垂井町908
小野住吉神社についてはこちら>>
 

まとめ

2018年の初詣に、行ってみたいところはありましたか?
こうやってゆかりのある神社やお寺を見て見ると、ずっと昔から犬と人間は深い関りがあったことが分かります。
“戌”にまつわる神社やお寺へ初詣に行けば、いい一年のスタートがきれそうです!

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

卒園卒業・入園入学おめでとう

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

卒園卒業・入園入学おめでとう

Follow us on
  • Facebook
  • RSS