PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

iPhone標準カメラでも大丈夫!スマホで上手にイルミネーションを撮影する方法

2017.11.30本記事は公開日時点の内容に基づきます

街中でキレイなイルミネーションがきらめく季節になりましたね♪
イルミネーションを見つけたら思わず写真を撮りたくなりますが、思う通りに撮影できないことってありませんか?
今回は、スマートフォンでイルミネーションを撮影する時の心得と、ちょっとしたコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

イルミネーションを撮影する時のコツって?

夜間撮影の場合に大切なことは、「ブレをなくすこと」と「光の調整」です。
簡単にまとめてみると、以下の3つが大切になります。
 
・ブレないように両手でしっかりと持つ(脇をしめる)
・ズームは極力しない 
・フラッシュは使わず、好みの光に調節する
 
ブレないためにもスマホを極力固定することが望ましいですが、よほど動かさなければ問題ないレベルです。でも、ズーム機能を使うとブレやすくなるので注意しましょう。
 
今回はiPhone7の標準カメラで撮影した写真をもとに、思い通りに撮影するためのコツを見ていきます。

画面をタップして光を調節してみる

こちらは、何気なくイルミネーションを撮影した写真です。両手でスマホを持って撮影したので、ほとんどブレていませんね。
もう少し自分なりに光を調整したいと思った場合は、画面をタップして光を調節することができます。

左の写真は、光る雪だるまをタップした時、右の写真は、通路の辺りをタップした時です。
明るさが変わりますよね。
写真を暗めにしたい場合は明るめの場所を、明るくしたい場合には暗めの場所を、タップすれば光を調節することができます。
また、細かく明るさを調整したい場合は、黄色い四角枠の横にある「太陽マーク」を上下にスライドさせれば微調整が可能です。
 
別のイルミネーションでも光の調節をしてみます。

こちらは、赤く光っている部分(明るい部分)をタップしたので、全体的に暗めですがイルミネーションが際立つ写真に。イルミネーションだけを撮影する場合にオススメです。

こちらは、水面(暗い部分)をタップしたので、全体的に明るい写真に。
お子さんの顔といっしょにイルミネーションを撮影する場合は、お子さんの顔をタップして全体を明るくすると上手に撮影できますよ。
 
写真を撮影する時に、様々なカメラアプリを使うという方も多いと思いますが、iPhoneの標準カメラアプリにもフィルターがあるのをご存知ですか?

これは、「ビビッド(冷たい)」のフィルターを使った写真です。雰囲気がグッと変わりますよね。

フィルターを使う場合は、iPhone標準カメラの画面右上にある、円が3つ重なったマークをタップ。「ビビッド」「ドラマチック」「シルバートーン」「ノアール」などSNS用に雰囲気を変えてみても楽しいですよ。
 
また、iPhone標準カメラのフィルターは、撮影後に「編集」機能を使えば、オリジナル写真に戻したり、別のフィルターに変えることができるので便利です。

iPhoneの標準カメラを使って、玉ボケ写真にチャレンジ♪

イルミネーションの写真でよく見る「玉ボケ」写真。あえて光をボケさせることで、ちょっと幻想的な雰囲気を出すことができる写真ですよね。
そこで、iPhoneの標準カメラでも「玉ボケ」写真が撮影できるか、チャレンジしてみました。

普通にイルミネーションを撮影すると、このような写真になります。
玉ボケ写真を撮影するためには、iPhone標準カメラにある「AE/AFロック」という機能を使います。

「AE/AFロック」というのは、明るさと、ピントとロックすることで、iPhone標準カメラ起動時に、画面を長押しすることでロックすることができます。
 
① 距離の近いもの(20cmくらい)に対して「AE/AFロック」をかける。
  暗い場所ではなく明るめのものに対してロックをかけるのがポイントです。
 
② 「AE/AFロック」をかけた状態で、イルミネーションを撮影すると、ボケた写真が撮影できます。
  少し離れたイルミネーションを撮影するのがポイント。

どうでしょう!玉ボケ写真を撮影することができました!

写真をトリミングすれば、より幻想的な玉ボケ写真の完成です。
手順は簡単なので、ぜひ玉ボケ写真撮影にチャレンジしてみてくださいね♪

話題のアプリ「Kirakira+」で、もっとキラキラにしてみる♪

iPhoneの標準カメラでも、イルミネーションをうまく撮影することはできますが、ピカーっと光るクロス効果の写真にも憧れますね。
一眼レフカメラなどで長時間露光するとクロス効果が得られますが、今回はInstagramでも話題のアプリ「Kirakira+」を使ってクロス効果風の写真を撮影してみます。

「Kirakira+」を使うだけで、本当にキラッキラに輝きました♪
キラキラ具合は3段階の調節が可能です。

「color」フィルターに切り替えてみると、とってもカラフルになりました。
もはや別のイルミネーションに変身です!ムービーも撮影できるので、いろんなフィルターで試してみましょう☆

Kirakira+
120円
iPhone>>

いかがでしたか?

iPhoneの標準カメラでも、ちょっとした工夫をすれば、上手にイルミネーションの撮影ができます。
フィルターをかけてみたり、撮り方を変えてみて、楽しくイルミネーション撮影をしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

卒園卒業・入園入学おめでとう

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

卒園卒業・入園入学おめでとう

Follow us on
  • Facebook
  • RSS