PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

2018年の3月11日、18日は「遊園地の日」! 小さいこどもたちにピッタリなレトロな遊園地

2018.03.09本記事は公開日時点の内容に基づきます

寒さがやわらぎ、いよいよ春に向かって気候の良くなる3月。
今回は、3月に設定されている「遊園地の日」にちなんで、昭和な雰囲気が残る中小規模のレトロ遊園地をご紹介。昔からある小ぶりな遊園地は小さなお子さんから乗ることができるアトラクションが多く、お値段もお手頃なのでおすすめですよ!

遊園地の日って?

遊園地の日は、東日本遊園地協会(1980年から日本遊園地協会、1998年より再び東日本遊園地協会)が1979(昭和54)年に制定した記念日のこと。
実は東日本と西日本で日付が異なっていて、東日本遊園地協会では3月の第2日曜日に、西日本遊園地協会では3月の第3日曜日が記念日となっています。
 
近年では、昭和の頃にオープンした遊園地の閉園のニュースも多くなってきましたが、まだまだ活躍中の全国にあるレトロな遊園地を紹介していきます!

道の駅にある「ららん藤岡」(群馬県)

Sakikoさん(@sakity1218)がシェアした投稿 -

観覧車やメリーゴーラウンド、コイン遊具が楽しめる、道の駅内にある小さな遊園地。観覧車も1回100円とお手頃価格なうえ、2歳以下は無料。水遊びができるエリアもあるので、季節が良い時にはぜひ立ち寄りたい場所です。

〒375-0005 群馬県藤岡市中字広町1131番地8
ららん藤岡>>

日本最古の遊園地「浅草花やしき」(東京都)

Fümikoさん(@_fumikko_)がシェアした投稿 -

江戸時代から続く日本最古の遊園地。日本で現存する最古のローラーコースターを始め、ちびっこ観覧車やスカイシップなど小さいお子さんでも楽しめる遊具がいっぱい。
リアル謎解きイベントなど定期的にイベントも実施しているので、ぜひチェックを。

〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目28
浅草 花やしき>>

定番のアトラクションがいっぱい「あらかわ遊園」(東京都)

@rurujouがシェアした投稿 -

開園は大正時代という老舗遊園地。観覧車やメリーゴーランド、コーヒーカップなど、昔ながらのアトラクションを楽しむことができます。
のりもの以外にも動物広場やちびっこ広場、都電博物館、水遊び場などもあるので、家族で一日中満喫できますよ♪

〒116-0011 東京都荒川区西尾久6丁目35
あらかわ遊園>>

レトロかわいい遊園地「養老ランド」(岐阜県)

岐阜県養老町の養老の滝のそばにあるちびっこ遊園地。メリーゴーランド、観覧車、フラワーカップ、フォーミュラー1などレトロでかわいい乗り物が楽しめます!

〒503-1255 岐阜県養老郡養老町養老1155-2
養老ランド>>

電車の展示もある「刈谷市交通児童遊園」(愛知県)

ゆみさん(@yumi_hutte)がシェアした投稿 -

園内にはキッズコースターやゴーカートなどの遊具、名古屋市電1603号や国鉄D51形蒸気機関車などを展示保存しています。ほとんどの遊具が50円とリーズナブルに遊べるのも嬉しいですね!
お隣には、プラネタリウムもある「夢と学びの科学体験館」もあります。

〒448-0851 愛知県刈谷市神田町3丁目47
刈谷市交通児童遊園>>

3月からオープン「生駒山上遊園地」(奈良)

yumiさん(@pix_yummy)がシェアした投稿 -

山の上ならではの眺望も楽しめる遊園地。眺望を楽しみながら乗れるサイクルモノレールやゴーカートなど、バリエーション豊かなアトラクションが20種類以上もあります。
冬季休業のある遊園地ですが、2018年は3月17日からオープン予定です。
 

〒630-0272 奈良県生駒市菜畑2312-1
生駒山上遊園地>>

フルーツ・フラワーパーク内にある「神戸おとぎの国」(兵庫県)

中世ヨーロッパのルネッサンス様式の美しい建物や庭園を中心に数多くの施設が点在する「フルーツ・フラワーパーク大沢(おおぞう)」。園内にある「神戸おとぎの国」には、観覧車やメリーゴーランド、スワンサイクルなど小さなお子さんでも乗れるものが多いんです。

〒651-1522, 大沢町上大沢 北区 神戸市 兵庫県 651-1522
神戸おとぎの国>>
〒651-1522 兵庫県神戸市北区大沢町上大沢2150
神戸 フルーツ・フラワーパーク大沢>>

注目は日本に1つしかない二重式観覧車!「別府ラクテンチ」(大分県)

別府市内を一望できる山上にあり、平野部からケーブルカー(別府ラクテンチケーブル線)で移動して入園します。
こちらの写真は、日本でひとつしかない二重式観覧車「フラワーかんらん車」。園内にはアトラクションの他にも「ふれあいどうぶつランド」や温泉施設もあるので、一日中楽しめますよ♪

〒874-0821 大分県別府市流川通り18
別府ラクテンチ>>

レトロな乗り物がたくさん「神野公園こども遊園地」(佐賀県)

Yuki Tさん(@since20140526)がシェアした投稿 -

入園無料のこども遊園地。ミニ機関車や回転ボートなど、満1歳から乗れる乗り物もあるので、小さなお子さんとも一緒に楽しむことができます。
レトロで昭和の雰囲気そのままの遊園地なので、時間がゆっくり流れているような感覚で楽しめます。


〒840-0806 佐賀県佐賀市神園4丁目1番3号
神野公園こども遊園地>>

行ってみたい遊園地はありましたか?

全国には小さなお子さんも大満足できるレトロな遊園地がたくさんあります。
これからどんどん暖かくなるので、ぜひ、ご家族で遊園地へのおでかけを計画してみてくださいね。

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

梅雨を楽しもう!

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

梅雨を楽しもう!

Follow us on
  • Facebook
  • RSS