PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

こどもたちの映画デビューは何歳のとき? 先輩ママにアンケート!

2018.07.09本記事は公開日時点の内容に基づきます

お子さまが大きくなってきたら、大スクリーンで映画を観させてあげたいと思うママは多いのではないでしょうか。
でも、実際に何歳になったら大丈夫なのか?最初に観せる作品はどういうものがいいか?など疑問に思うことも多いですよね。
そこで、お子さまの映画館デビューについてアンケートを実施しましたので、これから映画館デビューを控えるママはぜひ参考にしてください。
 
【調査概要】
調査機関:2018年5月
調査対象:全国各地に居住する20〜40代の方
調査方法:インターネット調査

こどもの映画館デビューはいつ?

男女ともに3歳でデビューしたという人がもっとも多い結果となりました。
幼稚園のあいだに映画館デビューをした人が大部分を占めているようです。
なかには上の子の映画デビューに付き添って、0歳や1歳で映画デビューを果たしているお子さまもいます。兄弟がいると、なかなか映画デビューのタイミングも難しいですよね。

お子さまが映画館で初めて観た作品は?

ママたちはどんな作品を映画館デビューに選んでいるのでしょうか?
最も多かったのは、「ディズニー作品」と「ドラえもん」で16人でした。
続いて、「アンパンマン」や「ポケットモンスター」など、こどもたちに人気のアニメ作品が並んでいます。10位以下には、「ジブリ作品」や「劇場版 名探偵コナン」のほか、大人向けの作品もラインアップしていました。
 
ほとんどの作品はこども向けなのですが、ディズニー作品やジブリ作品は内容が少し難しかったり、上映時間が長かったりする作品もありますので、よく吟味して選びましょう♪
 
「アンパンマン」や「しまじろう」、「きかんしゃトーマス」といった幼児向けの作品は、はじめての映画館デビューを応援するような工夫がいっぱい。
音量を控えめにしていたり、劇場内が真っ暗にならないよう薄っすらと照明がついていたり…と、小さなお子さまでも安心。上映時間も60分前後と短めで、歌ったり踊ったりと参加して楽しめるので映画館デビューにピッタリですよ♪
 
また、“ママだって映画で息抜きしたい!”というときは、TOHOシネマズで開催されている「ママズ クラブ シアター™」がおすすめ。
照明を通常より明るく設定し、音量も控えめ。対象劇場や作品、上映日は限られていますが、大人向けの作品がメインとなっていて、赤ちゃんと一緒に楽しむことができます。

ママたちが心配していたことTOP5

やはり小さなこどもの映画館デビューで心配なのは、「おとなしくじっとして観られるか」や「映画に飽きてしまわないか」ということ。
また、迫力満点の大きなスクリーンや大きな音量、劇場の暗さなどで「怖がらないか」が気になるようです。トイレトレーニングが完了している場合は、トイレに行きたがらないか、トイレに行くことで他の観客に迷惑をかけるのではないかを不安視していたという声もありました。
 
なかには、「こども向けの映画なので他にも同じ事情の人がたくさんいるから心配ない」というママも。選ぶ作品によりますが、やはりこども向け作品が安心して観られるようです。

教えて!映画館デビューでの失敗談

先輩ママたちに、映画館デビューでの失敗談を教えてもらいました!

・やっぱり落ちつきがなく、映画に集中できませんでした。これなら家でDVD鑑賞すれば良かったですね。(7歳・男の子)

・途中まではおとなしく見ていられましたが1時間経たないぐらいで急に帰ると言い出し映画館を出ました。後から聞いた話ではやはり周りが暗く(こども用の作品なので館内は真っ暗ではなかったのですが)音が大きいのが少し怖かったらしいです。(5歳・男の子)

・途中でトイレに行くなど慌ただしくて、他のお客さんに迷惑がかかったかなぁと思ったのでもう少し大きくなってからでも良かったかもと思ってしまった。(5歳・男の子/3歳・女の子)

・長男にとっては映画館に行って映画を見た、といういい思い出ができ、また映画を行きたい、と言ってもらえたのは嬉しかったです。と、同時に次男にとっては自由に動けないことへの不満などで暴れてしまったので映画に集中できなかったし、きつかったです。上の子に合わせて出かけてしまったけど、もう少し大きくなってからの方が良かったなと思いました。(4歳・男の子/2歳・男の子)

映画を見させて良かったこと

最後は、映画館デビューして良かったエピソードをご紹介します★

・幼稚園に入る前に映画館デビューした経験が、幼稚園で行くミュージカル観賞やプラネタリウムなど暗いところでも騒がず大丈夫だったので慣れておくことも大事なのだなと思った。(3歳)

・やはり暗くなる、音響が大きいという点で最初はビックリしたようで、泣き顔になってしまいました。ただ、慣れてくると集中して観られますし、いつもより大きな画面で見た、お家ではない場所で見たという点が嬉しかったようで、帰宅するときもずっと映画館の話を楽しそうに話してくれたので良い経験になったかなと安心しました。(3歳・男の子)

・いつもテレビで見ている憧れのヒーローがスクリーンに映し出された時はキラキラの目で喜んでいたので良い経験になりました。戦うシーンなど興奮しすぎるか心配でしたが、周りも同じような年齢の子が多く、同じシーンでみんなが声を出してしまうという空気感。安心して最後まで見ることができました。(4歳・男の子)

・最初は音の大きさにびっくりしていましたが、大好きなプリキュアを大きなスクリーンで見られるので集中して見ることができ、とても楽しかったようで良い経験になりました。また、プリキュアは小さい子供が楽しめるようにと、ライトを振ったり「がんばれー」と声を出しても良かったりと工夫がしてあったので、良かったと思います。(3歳・女の子)

・大画面での映像と大音量にも迫力を感じたらしく、大感激していました。以来、映画が大好きな子になり、事あるごとに親子で映画館に足を運んでいます。(7歳・女の子/4歳・女の子)

意外と最後まで集中して観られた、良い経験になったという意見が多数あり、今回のアンケートでは、失敗談より成功エピソードが多い印象となりました。

いかがでしたか?

映画館に限らず、遊園地や海水浴など、〇〇デビューのタイミングには悩んでしまうもの。自宅のテレビとは異なる迫力や臨場感を味わえるのは映画館ならではです。
ぜひアンケートを参考に、お子さまにとってベストなタイミング&作品を吟味しつつ、素敵な映画館デビューをさせてあげてくださいね。

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

梅雨を楽しもう!

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

梅雨を楽しもう!

Follow us on
  • Facebook
  • RSS