PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

オシャレな文字入れ写真アプリをチェック!

2016.09.20本記事は公開日時点の内容に基づきます

写真へ文字を入れたことって一度はありますよね。

日付を入れたり、一緒に映っている人へのメッセージを入れたり…。プリクラの感覚で写真に文字を入れる人も多いと思います。

 

でも、入れる文字は主役ではなくおまけ的なイメージがありませんか?実は写真への文字入れを極めると、いつもの写真がパワーアップするんです。今回はセンスUP間違いなしの文字入れ専用アプリをご紹介します。

文字に奥行き感を出せる「PERSTEXT(パーステキスト)」

@you.and.aoiが投稿した写真 -

この写真、とってもクールですよね!おしゃれなサングラスとポーズもさながら、写真に完全にマッチした地面の文字がステキです!

これは、「PERSTEXT」というアプリで文字を入れたもの。奥行き感(パース)のある文字をレイアウトでき、メッセージ性の高い写真を簡単に作成できるアプリなんです。

使い方はとても簡単!アプリから写真を選んで文字入力後、画面を指でなぞるだけの操作で文字が入れられます。あとは好みの角度に調整すれば完成。

 

まずは写真を選んでメニュー上部の「+(追加)」ボタンをタップしてください。

「+(追加)」ボタンをタップすると文字入力画面になります。縦文字・横文字に後から変更可能です。

入力が終わると、なぞって2本の線を描いて奥行き(パース)が設定できます。線を平行にすると奥行きが付かないので、ハの字を描くように一方の線の間隔が狭くなるように線を描いてください。

線の間隔が狭いところは奥にあるように見え、広い部分は手前にあるように見えます。遠近法を使ったテクニックが、こんなに線を2本描くだけで簡単に表現できるんです。基本はこれだけの操作で十分ですが、文字の色や書体を変更したり、大きさや角度を後から調整したりと細かな修正も可能です。

無料で使える21種のフィルターと組みあわせれば、漫画のような面白い表現もできちゃいます。おしゃれにも面白くもなる、バリエーション豊かな表現が可能です!

 

PERSTEXT(iPhoneのみ)
https://itunes.apple.com/jp/app/yuan-jin-gannoaru-wen-zide/id924300151?mt=8 

400種以上のフォントで遊べる「Phonto」

Phontoさん(@phontograph)が投稿した写真 -

カフェやおしゃれな雑貨店で見かけるような文字の組み合わせも、このように自分で作成できるアプリ「Phonto」。

他のアプリと比べて選べるフォントの数が欧文400種、和文も40種と、段違いの多さを誇ります。

さらに、文字にいろいろな効果を付加できるので、自分のデザインセンスをいかんなく発揮できちゃうんです!

アプリを起動したら、下部のメニューの真ん中にあるカメラマークから写真を読み込むか、写真を撮影しましょう。

写真を読み込んだら、写真の上をタップ。「文字を追加」マークが現れるので、そのマークを再度タップしましょう。

ちなみに、写真を読み込んだらすぐ、フィルターでの色調補正画面で調節できます。無料で18種ものフィルターがありますが、モザイク風などの効果が得られる特殊フィルターは有料です。

写真の上の「文字を追加」マークをタップすると現れる画面がこちら。メイン画面が文字の入力スペースとなっています。

文字ぞろえや縦書きor横書きも選べるから、ポエムなど少し長い文を写真に乗せたい時に重宝しそうです。

下部メニューでは「フォント」「定型文」「記号」が選べます。ここでは「フォント」をタップしてみましょう。

「フォント」をタップしたところです。和文書体もいろいろ選べるのがうれしい!

しかも、ウェブ上で配布されている無料フォントをダウンロードすれば、「Myフォント」から選んで使えるようになるのも他にはない特徴ですね。

書体を選んで配置したところ。ここから文字にいろいろな効果を加えていくことができます。

色やスタイルを細かくアレンジできるから、思い通りの効果を得られるはずです。いくつかの効果を組み合わせて、デザインセンスをいかんなく発揮しましょう! 

フォントや効果を組み合わせてできたのがこちら。インスタグラムで#phontoと入力すると世界各国の作品が見られるので、その作品を参考にいろんなデザインをマネしてみましょう!

他にも、複数の写真を配置できる機能、豊富な吹き出しやアイコンを使ったアレンジ写真が作れます。

写真は、先日行った海水浴の写真に、地図アプリでビーチの場所をスクリーンショットで撮影。その画像にアイコンを配置したものを海水浴の写真と合わせました。このように、アイデア次第でいろいろな使い方ができそうなアプリなんです!

テンプレートを選ぶだけ!「Magic Text」

ちょっとレトロなフィルターに、エフェクトがかかった文字ですごくおしゃれ☆

こちらの写真は、アプリで自分の写真を選んだだけ。不器用でも簡単に文字が主役のおしゃれ写真が完成するのが「Magic Text」です。

アプリを起動したらテンプレートが一覧表示されます。無料で8種類から選べるので、好きな雰囲気のテンプレートをタップ。

透け感のある文字と、丸くて太い書体がかわいい「FASHION」を選びました。メニューの「T」をタップすると文字入力ができます。

日本語入力はできないので、アルファベットで好きな言葉を入力します。

写真の補正も選んだテンプレートに合わせて自動で行われるので、①テンプレート選択、②文字を入力、③写真を選択の3ステップで完成!写真・文字それぞれの明るさやコントラストなども調整できるので、カスタマイズも簡単です。


 

Magic Text(iPhoneのみ)
https://itunes.apple.com/jp/app/magic-text-xinshiifotoeditadetekisutowofotoburendani/id936560539?mt=8

いかがでしたか?

今までわき役だった文字ですが、主役級に目立たせることで、写真としての完成度がぐっとアップするんです。何年後かに見たとき、その瞬間を思い出せるようなメッセージとともに写真を残しておきたいですね。

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

年末年始はどうする?

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

年末年始はどうする?

Follow us on
  • Facebook
  • RSS