PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

【おでかけPINTO】2017年は酉年だから!鳥を祀る神社や寺院で初詣はいかが?【東日本編】

2016.12.07本記事は公開日時点の内容に基づきます

今年の初詣は家族でどこに行こう?なんてお考えの方はいませんか?
毎年同じ神社やお寺と決めている人もいるかもしれませが、2017年は酉年ということで「酉」にまつわる神社に行ってみるというのは、いかがですか?
 
 
【おでかけPINTO】2017年は酉年だから!鳥を祀る神社や寺院で初詣はいかが?【西日本編】はこちら

商売繁盛の縁起物「酉」にあやかろう

「酉(とり)」はもともと細い酒壺のことで、収穫した作物からお酒を作ることを表しています。
古来中国で十二支の動物をあてがう時に音が同じである「トリ」が使われ、そこから鶏がその象徴となりました。
また、トリ=取り込むという考え方から、現代では「酉の市」など商売繁盛の縁起物として知られています。そんな縁起の良い「トリ」を祀っている神社やお寺を紹介していきますね!

●成田山新勝寺(千葉)

dj_yo-skさん(@dj_yosk)が投稿した写真 -

「成田のお不動様」として知られる成田山新勝寺は、病魔退散、家内安全、商売繁盛などのご利益があるとされる「不動明王」を本尊とする真言宗智山派の大本山です。
不動明王は酉年の守護本尊なので、2017年はぜひとも訪れたいところですよね。
関東有数の初詣スポットだけに2017年は一層の人出が見込まれます。

●鷲(おおとり)神社(東京)

「鷲」と書いて「おおとり」と読む鷲神社は、天日鷲命(あめのひわしのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀る由緒正しい、まさに「酉」の神社。
「酉の市」の発祥の神社としても知られ、毎年11月に行われる「酉の市」には2日間で約100万人が訪れる人気ぶりです。

●瀧泉寺(東京)

SASAさん(@sasa1320)が投稿した写真 -

酉年の守護神である不動明王を本尊とし、「目黒のお不動さま」として親しまれている江戸三大不動の一つ瀧泉寺。
毎年約12万人の人出で賑わう初詣は、地元・目黒の参拝客が多いのだそう。
大都会の真ん中にあるとは思えないくらいの静かな佇まいが魅力です。

●總願寺(埼玉)

350年以上の歴史をもつ「節分会」で知られる總願寺(そうがんじ)。
酉年の守護本尊・不動明王は886年に彫られた深い歴史をもつ霊宝です。
地元・加須市の人たちで賑わう縁日も、こじんまりとしていてアットホームな雰囲気に包まれます。

●高幡山金剛寺(東京)

@kyoko_555が投稿した写真 -

成田山新勝寺と並ぶ関東三大不動尊の一つ高幡山金剛寺は、広い境内に五重塔などの数多くの文化財を持つ不動尊です。
東京都内とは思えないほどの自然に囲まれ、四季折々の自然を楽しめるのも特徴です。酉年の守護神である不動明王が描かれた御札が人気です。

●鷲宮神社(埼玉)

関東最古の大社として知られる鷲宮神社は「お酉様の本社」と呼ばれ、関東地方に多く所在する鷲神社の本社とされています。
境内には鶏が飼われているなど、酉にゆかりの深い神社です。また、栃木県にある同名の神社もこちらと同じく酉にゆかりの深い神社として知られています。

一風変わった「トリ」を祀る神社・お寺

ここからは、少し変わった「トリ」を祀っている神社やお寺を紹介します。神社やお寺というと、「ちょっと子どもには退屈かも」と思われるかもしれませんが、関東には家族で楽しめそうなスポットがありますよ!

●鷲子山上神社(茨城)

栃木と茨城の県境にある鷲子山上神社は全国でも珍しい「フクロウ」の像で有名な神社です。
日本一大きなフクロウの像はなんと高さ7メートル!
その愛らしさと苦労知らずの「不苦労」をもたらしてくれるというご利益から、初詣では家族連れで賑わいます。

●築地本願寺(東京)

cowさん(@cowph)が投稿した写真 -

本堂がインド様式の石造りというユニークな外観で知られる浄土真宗本願寺派のお寺。
この本堂の中には仏教にゆかりのある動物の彫刻があり、鶏の彫刻もあります。
観光名所でもある築地場外市場からもすぐ近くで元旦に開いている店も若干あるので、観光も楽しめるかも!

●亀戸天神社(東京)

鷽(うそ)という鳥を祀り、毎年1月23日には、悪いことがうそになる開運神事「うそ替え神事」を行っています。
また、学問の神様である菅原道真公を祀る天神様であることから、初詣には受験を控えた人が多く参拝します。

いかがでしたか? 

酉年は商売繁盛や実りの年になるとされ、これまでの成果があらわれる区切りの年になるとも言われています。
その年の一番初めの家族行事となる初詣、ぜひ酉にまつわるスポットにでかけてみては?

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

七五三前にチェック

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

七五三前にチェック

Follow us on
  • Facebook
  • RSS