PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

【おでかけPINTO】 大自然+αでたっぷり楽しめる♪おすすめキャンプスポット10

2017.04.12本記事は公開日時点の内容に基づきます

アウトドアを思いっきり満喫できる遊びと言えば・・・「キャンプ」!
何度も行っている方も初デビューを考えている方も、待ちに待ったシーズン到来ですね♪
キャンプと言えば大自然の中でゆったり過ごせるのが醍醐味ですが、野原だけだと子どもたちが飽きちゃうことも・・・。
そこで、今回のおでかけPINTOでは+αの遊べる要素がある10ヶ所のキャンプ場を選びました。
1日中たっぷり遊び尽くせますので、親子でとびっきりの思い出を作ってくださいね!

【関東編】関東随一の清流で水上アクティビティを満喫!「オートキャンプ那珂川ステーション」(栃木)

栃木県と茨城県の県境に位置する「オートキャンプ那珂川ステーション」は、目の前に那珂川が流れるロケーション。
水のせせらぎが心地よく、またキャンプ場のすぐ近くからカヌーを漕ぎ出せるので愛好家たちからは大人気です!

カヌーを持っていなくても、多彩なツアーやスクールを実施しているので初心者でも気軽に楽しめます。
トレーラー式のバンガローやロッジなど充実した宿泊施設の中には、インディアン気分を満喫できるティピー型常設テントも!
さらに、無料で入れるドラム缶風呂もあり、子どもたちが大喜びするのは間違いありません♪
 
「オートキャンプ那珂川ステーション」http://www.naka-station.jp/

大型公園でたっぷり遊べる♪「昭和の森フォレストビレッジ」(千葉)

千葉県最大級の公園「千葉昭和の森」の中にあるキャンプ場です。
気持ちいい森林浴が楽しめるロケーションは、都心から1時間とは信じられないほど!

公園内には延長109mの超ロングローラー滑り台やアスレチック、ロープタワーなどがあり、さらにテニスやサイクリングまで楽しめます。
カフェやランドリースペースも完備されているので、1日では遊び足りない方は連泊キャンプにチャレンジしてみては?
 
「昭和の森フォレストビレッジ」http://forestvillage.jp/

キラッキラの川面に向かってダイブ!「道志村 久保キャンプ場」(山梨)

道志川のほとりにあり、ありのままの自然が味わえるキャンプ場です。

透き通った美しい川にはターザンロープが掛けられており、バッシャーンと勢いよく飛び込むことも!
季節によっては「ニジマスのつかみ取り」もできますので、大人も子どもも存分に遊べますよ。
ノスタルジックな趣に溢れた施設には露天風呂が完備され、絶景を見ながらゆったりと疲れを癒せます。
 
「道志村 久保キャンプ場」
http://kubocamp.com/

天然のプラネタリウムにうっとり☆「星の降る森」(群馬)

とってもロマンチックなネーミングのこちらは、群馬県の静かな森の中にあるキャンプ場。
夜には澄み切った空気の中に満天の星空が浮かびあがり、キャンプ泊の醍醐味を堪能できます。
 
昼間は近くの利根川で行われているアクティビティツアーに申し込むことができ、3才から参加可能な「レイクライミング」もあります。

場内には人になついたポニーがいて、乗馬体験もできます。
さらに、近くには味覚狩りができる果樹園もあり、夜まで暇を持て余すことなく遊べます!
 
海外から輸入した高級感溢れるログペンションに泊まれるほか、キャンプ道具全てのレンタルがセットになった「手ぶらでキャンプパック」もあります。
 
「星の降る森」
http://www.star-forest.com/index.html

深い森の奥深くで野遊び三昧!「四徳温泉キャンプ場」(長野)

まるでトトロが出てきそうな緑濃い森の中で、自然と一体化したキャンプが楽しめる穴場スポット。
日本アルプスに囲まれた小さな谷に位置し、450年の歴史を持つ秘湯・四徳温泉に入ることができます。

@string7110がシェアした投稿 -

昼は虫捕りやあそびの森の探検、場内のアスレチック遊具、薪拾い体験などでたっぷり遊べるほか、近くの四徳川で水遊びも。
浅くて綺麗な川なので安心して遊べます。
 
3段の大滝が近くにあり、夏場には「滝ツアー」を開催しています。
歩いて1時間程の場所には落差22mの大滝があり、その他片道2時間半のハイキングコースもあるなど、さまざまな野遊びを思いっきり楽しむことができます。
 
初心者でも安心なAC電源付きサイトもありますので、遊び疲れた後の料理はホットプレートでお手軽に♪
 
「四徳温泉キャンプ場」
http://shitoku.net/

【関西編】山キャン遊びと言えばココ!「若杉高原おおやキャンプ場」(兵庫)

sさん(@inori.s)がシェアした投稿 -

冬はゲレンデ、夏は絶景キャンプ場として大人気の「若杉高原おおやキャンプ場」。
「ヤッホー!」と叫びたくなる最高のロケーションです!

shoYaさん(@1sh_7)がシェアした投稿 -

また、環境省により「星が最も輝いて見える場所」の第1位(平成16年夏)に認定された満天の星空も魅力。

さらに、こどもが大喜びするアクティビティも充実!
整備された芝生ではそり遊びや夏スキー、ウォータージャンプなどが楽しめ、場内には大きなトランポリンも。
 
夏には自作の餌でカブトムシを捕獲する体験や石窯焼きピザの手作り体験、夜は星空ハイキングもあります。
 
近くには魚のつかみ取りができる川やカヌー、キャニオニングなどなど・・・挙げればきりがないほど、たくさんの遊びを満喫できます!!
 
手ぶらでキャンプできる「キャンプ宿泊セット」があるのも嬉しいサービス!
土曜日や夏休みは家族連れだけが利用できる「ファミリーキャンプデイ」に指定されているので、キャンプ慣れしていないお子さま連れでも気兼ねなく楽しめますよ♪
 
2017年度は4/22(土)~営業開始!
「若杉高原おおやキャンプ場」
http://www.ooya-ski.jp/s-index.html

ダム・遊具・温泉と設備充実!「下北山スポーツ公園 きなりの郷」(奈良)

まるで進撃の巨人!?と話題の池原ダム湖の巨大な堰堤(110m)の真下に作られたキャンプ場です。
 
青々とした芝生のテントサイトと、家族のほかグループでも楽しめる大小のバンガローやコテージが充実しています。
テントサイトは堰堤の下ですが、バンガローは上にあるので池原ダムの絶景が楽しめるのも好ポイント!

敷地内にはアスレチック広場や幼児から遊べる児童公園、ジャングルハウス(立体迷路)などがあり、中でもジャングルハウスは屋根付きなので急な雨降りの時には大助かり!
6月には敷地内でホタル鑑賞も楽しめますよ。
 
いっぱい遊んだ後は、併設された天然温泉「きなりの湯」で汗を流してすっきり!
 
「下北山スポーツ公園 きなりの郷」
https://www.kinarinosato.net/

おとぎの国で思いっきり遊べる!「ガリバー青少年旅行村」(滋賀)

「ガリバー旅行記」の登場人物をモチーフにした広大なアスレチックが楽しめるキャンプ場です。

サイズ感の錯覚が味わえる「大人の国」「小人の国」、天文台がある「博識の国」、体力勝負の「強者の国」、魚つかみなどもできる「遊戯の国」の5つのエリアに分かれており、心と体を目いっぱい使って遊ぶことができます。
 
雨が降っても、「バームクーヘン作り」や「勾玉作り」などさまざまな体験教室が実施されているので、暇を持て余すことなく楽しめますよ。
 
近くには「日本の滝百選」に選ばれた「八淵の滝」があり、小学校低学年から参加可能なシャワークライミングもできるので興味のある方はぜひ!
 
「ガリバー青少年旅行村」
http://www.gullivervillage.jp/

800台のオモシロ自転車に乗り放題!「関西サイクルスポーツセンター キャンプ場」(大阪)

Masaruさん(@buyosan)がシェアした投稿 -

自然豊かな金剛生駒紀泉国定公園にある「関西サイクルスポーツセンター」では、宿泊キャンプも楽しめます。

麻友さん(@maayu.928)がシェアした投稿 -

変り種自転車だけでなく、急勾配を駆け抜ける「サイクルリュージュ」や自転車版ジェットコースター「サイクルコースター」、「森の立体迷路」、幼児からできる複合遊具エリアなどもあり、1日たっぷり遊べます。
 
宿泊キャンプはテントではなく、エアコンや電源など設備が充実したコテージかバンガローに宿泊でき、キャンプ初心者でも快適!
 
夜は美味しいお肉を堪能できるBBQセットメニューを注文でき、何の用意もせずに手軽にキャンプが楽しめますよ。
 
「関西サイクルスポーツセンター」
http://www.kcsc.or.jp/

話題のマリンスポーツにチャレンジ!「ビワコ マリンスポーツ オートキャンプ場」(滋賀)

@_sachi1119_がシェアした投稿 -

日の出に焼ける琵琶湖を見ながら朝の珈琲をゆっくりと・・・そんな贅沢な時間が楽しめる絶好のロケーション。

keiさん(@keiii525)がシェアした投稿 -

水泳場にもなっている水質の美しい琵琶湖では、親子でカヌー体験も。
水面をスゥーと滑るように進むカヌーは、必ずはまる心地よさです!
 
その他、話題のサップやウインドサーフィンもあり、すべてスクールが開かれているので、小学生からでも体験可能。親子で一緒に特別な思い出が作れますよ♪
 
キャンプ場には食堂があり、食事はそこで頂くこともできます。
クッタクタに遊び疲れた後は、満天の星空の下で波の音を聞きながら、ぐっすりお休み。
非日常な体験を遊び尽くしてくださいね♪
 
「ビワコ マリンスポーツ オートキャンプ場」
http://www.hi-ho.ne.jp/biwako-outdoor/index.html

いかがでしたか?

大自然の中で気持ちのいい空気をいっぱい吸いながら、さまざまな遊びも満喫できるキャンプ場をご紹介しました。
こんなキャンプなら、こどももまた行きたいと大喜びすること間違いなし!
人気のキャンプ場はすぐに予約が埋まってしまいますので、早めの計画がオススメです。

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

七五三前にチェック

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

七五三前にチェック

Follow us on
  • Facebook
  • RSS