PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

フードコートがおしゃれに変身? 東京・大阪で話題の「フードホール」ってどんなところ?

2019.03.13本記事は公開日時点の内容に基づきます

商業施設などにある昔ながらのフードコートが、「フードホール」と名前を変えてオシャレに進化しているのをご存知ですか?
たくさんのお店からお気に入りを選ぶスタイルで、ゆったりオープンスペースなのがポイント。
お子さまと一緒に楽しめる、東京&大阪の最新フードホールを紹介します。
 

フードホールってどんなお店のこと?

「フードホール」は、ニューヨークスタイルを取り入れたフードコートの進化版。
日本でのフードコートは、おなじみのチェーン店が軒を連ねているイメージですが、ニューヨークのフードホールは素材とクオリティにこだわった出来立ての料理が提供され、マルシェ的要素も加わるなど食のトレンドが生み出される場所でもあります。
レストランに行くよりもカジュアルで、オープンな空間をリラックスして楽しめる、それがニューヨーク流の「フードホール」のスタイルです。

アメリカ気分に浸れる「フードホールブラスト!トーキョー」&「フードホールブラスト!オオサカ」

2019年2月9日に、東京と大阪でオープンした「フードホールブラスト!」。自分好みが作れるアメリカ・オハイオ発祥のカスタムピッツァ「クチノバ」の日本1号店、カリフォルニア発メキシカンタコス、1m30cmの特注グリラーで豪快に焼き上げる新BBQ肉バルなど、グルテンフリーやベジタリアンにも対応した6つのお店が並びます。
 

樽生クラフトビールなどを提供するパブレストラン「DRAFT PUB Bevvy」もあります。休日にちょっと飲みたいというパパにもおすすめです。
 
「FOOD HALL BLAST!」では、4言語対応のiPad端末で注文ができるなど、外国人スタッフによる多言語接客も可能なのが、なんとも今風!適度に賑やかなのも、子連れには嬉しいポイントです。
 
 
「FOOD HALL BLAST! TOKYO」
東京都渋谷区代々木2-7-12
 
「FOOD HALL BLAST! OSAKA」
大阪市中央区難波2-1-2 太陽生命難波ビル1階・B1F
 
http://foodhall-blast.jp/

ママ友との集まりにもぴったりな「シナガワダイニングテラス」

品川駅前にある「シナガワダイニングテラス」。便利な立地がうれしいこちらのおすすめは、インパクトがあるピッツァが食べられる「PIZZA & TAPAS」。メガサイズのミルフィーユピッツァなど、メガサイズもあるので、ママ友大勢で訪れたいですね。
 
「シナガワダイニングテラス」
東京都港区高輪3-13-3 シナガワグース 2F

食材コーナーが大充実の「グランドフードホール六本木」

六本木ヒルズにオープンしたのは、「選ぶ」「買う」「食す」といったすべての食の喜びを満たしてくれる嬉しいお店「グランドフードホール六本木」。ちなみにこちらのお店、実は兵庫県の芦屋店が本店です。

シェフが腕を振るうデリコーナーには約20 種類のメニューが並び、味や調理法もオーダーできるのが新しい。レストランで食事をした後、人気の食パンや調味料など、厳選された体思いの食材をあれこれ吟味するのも楽しみ。
 
「グランドフードホール六本木」
東京都港区六本木6-10-1 ヒルサイド B2 F

アメリカのママの味も楽しめる「HIBIYA FOOD HALL」

東京ミッドタウン日比谷にあるのは、8つのショップが軒を連ねる都市型フードホール。ベーカリー、コーヒーショップ、スパニッシュバル、オイスターバー、ベトナム料理、ミートボール料理専門店、ブルックリンスタイルのお肉グリル、野菜カフェなどが入っています。

こどもにも大人気なのが、アメリカのママの味として人気を誇る「スーザンミートボール」。
ミートボールに使うお肉の種類もビーフやポークなど4種類からセレクトでき、好きなソースで楽しめますよ。
 
こちらの施設には、「日比谷ステップ広場」や、皇居や日比谷公園を見下ろす約300坪の庭園空間「パークビューガーデン」もあるので、食後はこどもと一緒にお散歩したり遊んだりできるのもいいですね。
 
東京ミッドタウン日比谷「HIBIYA FOOD HALL」
東京都千代田区有楽町1-1-2東京ミッドタウン日比谷B1F

朝7時から営業!「新宿NEWoMANフードコート」

新宿駅直結の新宿NEWoMANのフードホールは、午前7時から午後9時までというロングラン営業。オイスターバーや寿司店など5つのお店の中にあるイチオシは、「ベーカリー&レストラン 沢村」。
 
パンの個性によって20種ほどの小麦を使い分けるなど、こだわりいっぱいのパンが評判で、朝はモーニングも用意されています。バタバタしがちな朝、外でごはんを食べるだけでも気分転換になりますよ!
 
「新宿NEWoMAN」
東京都新宿区新宿4-1-6

昼間から飲んで食べて賑やか!「ルクア フードホール」

大阪駅直結の「ルクア フードホール」には、販売している食材を使ったメニューがその場で食べられるクイックイートインがあります。
例えば、お肉屋さんで食べたいお肉、寿司屋さんで寿司、スイーツなんかも買い込んで好きに楽しめる自由度の高さが魅力。立ち飲みやゆっくり食事ができるレストランなども入り混じっていて、とっても賑やかです!果物屋さんが手掛けるパフェやソフトクリームなど、甘いものも充実しているので、お茶をするのにも便利です。
 
「ルクアフードホール」
大阪市北区梅田3丁目1−3 B1F
 

阪急三番街の地下が大変身!「UMEDA FOOD HALL」

阪急梅田駅すぐの、阪急三番街地下2階に誕生した「UMEDA FOOD HALL」。
フレンチ、イタリアン、飲茶、寿司にリゾット専門店まで、最新のグルメが楽しめる18店が並びます。

ランチやディナーはもちろん、「YORKYS Creperie」などスイーツも充実!
ちょっとした休憩にも活用できるのがうれしいポイントです。
 
 
「UMEDA FOOD HALL」
大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街北館B2F

買って帰れる中食も充実「エビスタ西宮 ストリートキッチン」

阪神西宮駅直結の「エビスタ西宮」にオープン。
他のフードコートと少し違うのが、総菜やお弁当を購入して家で食べる『中食』のニーズに応えられる商品揃えになっていること。

10軒のお店が並んでいますが、ピッツァ、唐揚げ、サラダ、寿司、お酒のアテなどどこも持ち帰りメニューが充実していて、デパ地下気分も一緒に楽しめるのが新鮮。
だから、ママとこども達だけで訪れてご飯を食べて、パパの分はお総菜を買って帰るなんていうこともできちゃいますよ。
 
本格的なアテも楽しめる人気のワインショップも入っているので、ちょっと飲みたいな・・・という気分にも応えてくれます。

最新フードホールは子連れの強い味方です!

フードホールは、本格的な料理をリーズナブルに、ちょっとオシャレな雰囲気で楽しめ、オープンな雰囲気なので子連れでも気負わず行けるのが嬉しいですよね。
家族、ママ友、たまには1人でなど気分や食べたいものに応じて使い分けてくださいね。

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

夏休みに七五三撮影

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

Follow us on
  • Facebook
  • RSS