PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

乳幼児用の液体ミルクがついに発売!子育て世代のママたちの反応は?

2019.06.13本記事は公開日時点の内容に基づきます

規制によって日本では販売されていなかった、乳幼児用の日本製液体ミルクが2019年3月から発売になりました。
おでかけの際に手軽にミルクをあげられるのはもちろん、災害時の保存食としての活躍も期待されています
赤ちゃんをお持ちのママたちの声と共に、乳幼児用液体ミルクに関する反応を見てみましょう。

乳児用液体ミルクって、どういうミルク?

乳幼児用液体ミルクとは、生後12ヶ月くらいまでの赤ちゃんが母乳の代わりとして利用できる成分調整ミルクのことです。これまではミルクの粉末をお湯などで溶かして飲ませる、「粉ミルク」が利用されていました。
もともと欧米では粉ミルクのほかにも液体ミルクが販売されていましたが、日本では成分規格に関する規制によって認られていませんでした。
 
しかし、2016年4月、熊本地震による断水で粉ミルクを溶かす水が不足した際に、フィンランドから⽀援物資として届いた乳幼児用液体ミルクが一躍脚光を浴び、販売への期待が高まりました。
 
それから3年後、2019年3月、江崎グリコが日本初の乳児用液体ミルク「アイクレオ赤ちゃんミルク」を全国で販売開始。
また、4月には明治乳業が缶入りの「明治ほほえみ らくらくミルク」を発売し、今後は各大手乳業メーカーからの販売が期待されています。

乳児用液体ミルクを使ってみたみなさんの反応は?

パックの「アイクレオ赤ちゃんミルク」。
出先でいきなり赤ちゃんにあげるのではなく、一度自宅で液体ミルクをあげてみて様子を見るというママも多いようです。

お家では粉ミルク、外出先では液体ミルクというような使い方を実践するママも。

こちらは、240ml缶入りの「明治ほほえみ らくらくミルク」。
「一度開けてしまったら保存できない」という意見もありますが、「たくさんミルクを飲む赤ちゃんには大丈夫」という声もあります。

パックの「アイクレオ赤ちゃんミルク」の賞味期限は常温で6ヶ月。
対して、「明治ほほえみ らくらくミルク」は常温で1年間。
パックと缶で利便性が異なるので、いろいろ試しているママが多いようですね。
 
液体ミルクを好んで飲んでくれるかは赤ちゃんによってさまざまのようですが、
「夜中に粉ミルクを作るのが大変だったから楽になった」
「渋滞中の車の中でミルクをあげられて便利だった」など
育児中のママをサポートしてくれるミルクということで注目されていますね。

東日本大震災から8年、液体ミルクが防災グッズの常識に?

2011年に起きた東日本大震災以降も全国各地で大きな自然災害が起きましたが、そのたびに防災グッズは進化しています。ここでは乳幼児がいる家庭における防災グッズの中でも、小さなこどもがいる家庭向けにこんなのがあると便利!というものをいくつか紹介したいと思います。

乳幼児用液体ミルクと粉ミルクは両方備える

乳幼児用ミルクはとても便利ですが、やはり重さを考えると粉ミルクの方が携帯しやすいと言えるでしょう。今ではキューブタイプやスティックタイプの粉ミルクも普及しているので、両方そろえておくと重宝します。

甘い物ならドライフルーツがオススメ

災害に遭ったストレスを緩和させてくれる効果もある、甘い物。キャラメルやチョコもいいですが、栄養価の高いドライフルーツがオススメです。

レトルトの離乳食は飽きにくい「おかゆ」がオススメ

レトルトの離乳食も今やたくさんの種類が販売されていますが、オススメは「おかゆ」です。おかゆは飽きにくいのが人気の理由で、大人も好んで食べられるので無駄がないのがいいですね。

使い捨ての哺乳瓶を備蓄しよう

煮沸消毒が必要な哺乳瓶しかない場合だと、お湯を沸かせない場合に困ります。そんなときのために使い捨ての哺乳瓶が便利です。だいたい1箱5本入りで販売されています。

抱っこ紐・おんぶ紐は1度に2人運べるものを用意

小さなこどもが複数人いる場合には、胸と背中に抱えることのできる2人用の抱っこ紐を用意しておくと良いでしょう。

乳幼児用液体ミルクを上手に使いましょう!

育児中のママから注目されている乳幼児用の液体ミルク。
ミルクの特性を生かして、お出かけ用はもちろん防災用としても上手に利用したいですよね。
 
離乳食などは長期保存のものが多いですが、今回発売された乳幼児用液体ミルクの常温保存期間は6ヶ月〜1年。保存期間は非常食としては短く感じるかもしれませんが、6ヶ月ごとに非常食や防災グッズを見直すきっかけになるといいですね。

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

どうする?今年の七五三

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

Follow us on
  • Facebook
  • RSS