PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

薩摩藩の時代から続く「七草祝い」をご存知ですか?

2021.07.31本記事は公開日時点の内容に基づきます

「七草祝い」という行事を聞いたことがありますか?
“七草”と聞くとお正月に食べる“七草粥”を連想する方が多いと思いますが、「七草祝い」はそんな七草の日・1月7日に行う鹿児島ならではのこどもの行事です。
一体どのような行事なのか、詳しくご紹介しますね。

こどもの成長を祝う行事と言えば「七五三」があるけれど…

こどもの成長を祝う行事で全国的に行われているのが「七五三」です。
「七草祝い」ではなく「七五三」であれば、自分が経験した覚えがある、もしくは最近我が子の七五三を済ませた、という人も多いでしょう。

数えで3・5・7歳の時にこどもの成長と健康を祈願する七五三は、諸説ありますが、江戸時代に関東から始まった風習だと言われています。しかし、この七五三は全国に伝わっていくなかで、地域の風習に合わせ少しずつ変化していきました。実際、現在でも各地の七五三で水引の結び方が違うなど多少の地域差が見られます。
そんな変化の中で生まれたと考えられているのが、鹿児島の「七草祝い」です。

江戸時代から続く「七草祝い」

鹿児島の「七草祝い」も、七五三と同じく江戸時代から続いているといわれています。
行うのは正月期間の終わり、毎年1月7日。江戸時代当時は武家階級のこどものみが主役として祝われるお祭りだったそうですが、現在では数えで7歳になった男の子と女の子がお祝いされます。
お祝いされるこどもたちが着物や羽織袴に身を包み、神社にお参りをして記念撮影をする点などは七五三と同じです。

七草がゆをもらう独自の風習

「七五三」と大きく異なる点は、神社での御祈祷が終わったあと、こどもたちが重箱に入ったお碗を持って、親戚やご近所の家などを7軒まわるという点。こどもたちは、それぞれのお家で七草がゆをもらいます。
かわいらしい晴れ着姿で町内を回るこどもたちの姿はとても愛らしく、鹿児島の正月の風物詩となっています。

スタジオアリスでは鹿児島限定で「七草祝い」の前撮りスタート!

8月1日から12月19日までの間、スタジオアリスでは「七草祝い」の前撮りキャンペーンを実施中!

●お参り用着物レンタル:8月1日から受付開始
●予約会:8月1日~7日※対象店舗で実施

レンタルは先着順なので、お好みの着物を選びたい場合は早めの予約がオススメです。

しかも!
来年の1月に予約・撮影すると通常19,800円(税込)の料金が、8月の平日なら3,300円(税込)ととってもお得に!早く申し込めば申し込むほどリーズナブルな金額で素敵な思い出が残せますよ。

さらに!
20,000円以上のご購入で、ディズニーデザイン2way台紙(七草バージョン)がもらえるんです!
その他にも選べるプレゼントが豊富に用意されている嬉しいキャンペーンです♪

鹿児島在住で七草祝いを行うご予定の方は、ぜひお早めにお申し込みしてみてくださいね。

いかがでしたか?

全国には、他にもその地域だけでしか行われていない行事がたくさんあります。形は違えど、こどもの健やかな成長を願う気持ちは同じ。伝統的に伝わる地域の行事を、これからも大切にしていきたいですね。

【エリア限定】スタジオアリスの「七草祝い」

RANKING

ランキング一覧

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

\手軽にできる学びと遊び♪/

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

\手軽にできる学びと遊び♪/

Follow us on
  • Facebook
  • RSS