PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

【おでかけPINTO】 暑い時は!涼しくなれるひんやりスポットへ【2018年関東編】

2018.08.22本記事は公開日時点の内容に基づきます

酷暑の夏!でも、こども達は元気いっぱい外で遊びたがりますよね。
お出かけするなら、せめて少しでも涼しくなれる場所に・・・。そんなママの声に応えて、暑さをしのげる施設や水辺など、夏休みの間に行っておきたいひんやりスポットを調べてみました。
 
【おでかけPINTO】暑い時は!涼しくなれるひんやりスポットへ【2018年関西編】はこちら>>

クラゲの美しさに癒される「新江ノ島水族館」

クラゲの研究が盛んな「新江ノ島水族館」。クラゲの展示の美しさは、他の追随を許しません!
水の中をふわふわ漂う気持ちよさそうな姿を見ていると、不思議と癒されて、時が過ぎるのを忘れちゃうくらいです。

Shigenoさん(@sucy_lemon)がシェアした投稿 -

また、世界初の3Dプロジェクションマッピングを使ったクラゲショーも随時開催。クラゲの生態やクラゲ飼育の歴史、こだわりを紹介する幻想的な時間が楽しめます!
 
その他、日本初の長期飼育に成功した深海魚や、かわいいイルカやペンギン、ウミガメなど、まるで海の中に潜ったような水族館をおもいっきり満喫してみてください。
 
新江ノ島水族館>>
神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
 

マイナスイオンに満ちた都会のオアシス「等々力渓谷」

渋谷からたった20分でこの景色!と、来た人が驚いてしまう東京都23区内の唯一の渓谷「等々力渓谷」。東京都の名勝に指定されている、美しく自然も豊かなこの場所は夏でも澄んだ空気が本当に気持ちいいんです!

sayokoさん(@sayopresso)がシェアした投稿 -

遊歩道の途中には、甘味茶屋も♡夏場はおいしいかき氷がいただけますよ。
こどもを自然に触れさせたいけど、時間がなくて山などには連れていけない・・・とお嘆きのワーキングママさんにお薦めしたいスポットでもあります。マイナスイオンをたっぷりすって、心身ともにリフレッシュを!
 
等々力渓谷公園>>
東京都世田谷区等々力1丁目
 

日本の夏の涼を体感する「光と霧のデジタルアート庭園」

eriさん(@eri5199)がシェアした投稿 -

「東京ミッドタウン」では、夏の夜を彩るイルミネーション「光と霧のデジタルアート庭園」を8月31日まで開催中。今年は、芝生広場に出現した広大な庭園と縁側を、夜には霧が包み込み、庭園内に点在する岩を中心に花火をイメージした色とりどりの光が芝生広場包みます。

MFさん(@mf1966428)がシェアした投稿 -

芝生広場では夜間のイベント時だけでなく昼間もミストシャワーを実施中。霧のようなミストが涼しくてこどもたちも大喜び! 商業施設には、おむつ替えスペースも完備さえているので、赤ちゃん連れのママも安心です。
 
六本木サマーライトガーデン>>
東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン 芝生広場
 

思わず夢心地・・・なプラネタリウム「満天」

@4_hrnが投稿した写真 -

池袋にある「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」。迫力のある光と音の演出により、臨場感あふれる星空とCG映像を楽しむことができます。
 
この夏上映の作品は、南極をテーマにしたヒーリング上映や“銀河鉄道の夜”やポケットモンスター、歌手、GLAYさんとのコラボレーション作品などがラインナップ。ドームスクリーンいっぱいに映し出された圧巻の映像美を体感できます。

幻想的で美しい映像に、こどもたちもうっとり。
思わず眠ってしまいそうな「雲シート」を購入できれば、さらに快適に過ごせますよ♪
 
コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City>>
東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上
 

絶好のロケーションも気持ちイイ「大磯ロングビーチ」

神奈川県の相模湾を一望できる、湘南のシーサイドリゾートプール。ウォータースライダーや波プール、また水深30cmのこどもプールに、高さ約10mのダイビングプールになど大小9つものプールがあり、小さなお子さまも安心して遊ぶことができます。

また圏央道の開通により、埼玉エリアからのアクセスがぐんと便利に!
さらに、施設内の休憩スポットには、ラーメンやハワイアンフードなど人気店が充実していると話題になっています。

広い敷地でゆったりと、こどもたちはもちろん、大人もしっかり楽しめるリゾートプールで思う存分「夏」を満喫してください!
 
大磯ロングビーチ>>
神奈川県中郡大磯町国府本郷546
 

マイナスイオンでひんやり「吹割の滝」

群馬県・沼田市にある「吹割の滝(ふきわれのたき)」。
想像以上に迫力満点の水の流れは“東洋のナイアガラ”とも呼ばれ、長い歳月をかけ多数生じた岩の割れ目から、繊細で美しい水線を披露します。

YGG.CO.さん(@ygg.co)がシェアした投稿 -

また滝までの遊歩道にはお土産屋さんなども並び、どこか懐かしい風景にパパやママも
テンションUP!絶品地元グルメや名産品に出会えるかも知れません♪
 
滝の見物は遊歩道が整備されているので、結構ギリギリまで近づくことができ、滝から湧き上がるマイナスイオンを全身で吸い込んで満喫してくださいね。
 
吹割れの滝>>
群馬県沼田市利根町大字追貝
 

幻想的な風景に感動「工場夜景ジャングルクルーズ」

haseo9さん(@haseo9)がシェアした投稿 -

日本の四大工場地帯のひとつ“京浜工業地帯”の夜景を運河から眺めることができる「工場夜景ジャングルクルーズ」はご存知ですか!
 
工場の巨大なプラントやタンクを照らす幻想的な無数の光が、夜空を背景にまるでSF映画のような世界観を映し出します。

ykmさん(@yokohama_km)がシェアした投稿 -

2歳までの幼児は、大人ひとりにつき幼児一人無料、3歳~料金が発生します。約90分のクルージングは夜風も心地良く、普段見ることのできない風景にシャッターチャンスが続出。家族みんなで、夜の海のエキサイティングな体験を楽しむことができます。
 
完全予約制なので、必ずHPをチェックして運航日程を確認してくださいね!
 
工場夜景ジャングルクルーズ>>
横浜市中区新港1-1 先(乗船場所)
 

まるでインディ・ジョーンズ!「大谷石地下採掘場」

栃木県・宇都宮市にある「大谷石地下採掘場」は、1919年から1986年までの約70年の間、大谷石を掘り出したことによって現れた巨大な地下空間です。その広さは2万平方メートル、野球場なら丸々ひとつ入ってしまうぐらいの大きさです。

しかもなんと!平均気温は10度前後!まるで冷蔵庫のように冷えているので、小さなお子さまは、ぜひ上着をご持参くださいね。
 
また最近では、この圧巻の巨大地下空間でコンサートや美術展などが開かれたり、映画やミュージックビデオの撮影スポットとしても大注目。歴史もあるドラマチックなひんやりスポットへ、家族みんなで出掛けてみましょう◎
 
大谷資料館>>
栃木県宇都宮市大谷町909
 

一軒家丸ごとお化け屋敷「畏怖 咽び家」

お化け屋敷「畏怖 咽び家(いふむせびや)」とは、東京メトロ丸の内線の方南町駅が最寄りとなる古民家を舞台に、家の中を探索しながらミッションをクリアしていく新感覚のホラーアトラクションです。
 
その気になるミッションは…、「殺人鬼のいる家から無事生還すること」。

所要時間は約60分。小学生以上のお子さまから参加OK!
もし初回クリアできなかった場合は、当日リベンジ割引もあるので、ぜひぜひ挑戦してみてください!
 
オバケン「畏怖 咽び家」>>
東京メトロ丸の内線方南町駅 3番A出口 方南町のとある民家
(方南町駅3番A出口にてスタッフと待ち合わせてから出発。予約時間帯の5分前に集合)
 

年中スケート体験「アクアリンクちば」

真夏でもアイススケートが体験できる「アクアリンクちば」。
必ず指先まで隠れる手袋が必要ですがフロントでも購入することができ、またヘルメット、ヒジ・ヒザあては無料で貸し出ししてくれます。
靴のサイズが15cm~なので、靴を履いて歩けるお子さまなら、大人が付き添いの上、初のトライもOK!

また館内には、温水プールや幼児用のプール、またミストサウナ、屋外ジャグジーなども完備。水着と帽子をレンタルか持参して利用することができるので、スケートの後は水遊びも満喫できます。
 
そしてさらに!プールの後の大浴場も入ることができ、1日室内でめいっぱいアクティブに過ごすことができるので、こどもたちも大喜び間違いなしですね♪
 
アクアリンクちば>>
千葉市美浜区新港224-1
 

平均気温3℃の圧倒的涼しさ!1年中氷におおわれた「鳴沢氷穴」

青木ヶ原樹海の東の入口に位置し、年間を通して平均気温3℃と気温が低く、天井からしみ出した水滴が凍ってできた氷柱が見ものです。

あらまさん(@still0425)がシェアした投稿 -

総延長約150mで、環状になっているので、ぐるっと1周洞窟体験ができます。洞窟の一番奥にある氷柱や氷の壁、氷の池をめざして冒険しましょう!
 
鳴沢氷穴>>
山梨県南都留郡鳴沢村8533
 

気になる、ひんやりスポットはありましたか?

ひんやりクールな雰囲気のイベントスポットを紹介しましたが、いかがでしたか?
自然や水とたわむれたり、アートに触れたり体験したり、この夏はお子さまと一緒にどんどん出かけて思い出に残る夏休みを過ごしましょう!

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

七五三前にチェック

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

七五三前にチェック

Follow us on
  • Facebook
  • RSS