PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

【おでかけPINTO】 暑い時は!涼しくなれるひんやりスポットへ【2019年大阪・神戸・京都・関西編】

2019.07.18本記事は公開日時点の内容に基づきます

暑い日が続く時はご家族でひんやりスポットに出かけるのはいかがですか?
大型プールから洞窟探検、雪まつりまで、関西で楽しめる多彩なひんやりスポットをご紹介します!

大きなプールにオシャレBBQも!「ネスタリゾート神戸」

兵庫県三木市にオープンした、「ネスタリゾート神戸」。自然の中でもちょっぴり贅沢にキャンプを楽しむグランピング施設ですが、夏限定で「ウォーターフォート」もオープンしています。

こちらの良いところは、リッチな気分でバーベキューもいただけるということ!
しかも、全天候型の巨大テントの下で行うので、雨でも大丈夫。
かわいいソファーやカウンター、テーブルなどが配置された素敵なテントに、大人達の気分も大盛り上がり。施設側が食べ物など全部用意してくれるのも楽ちんですね♪

また、ウォーターフォートには、大きなバケツがあって定期的に大量の水がドバーッと降ってくるんです!関西最大級の水の要塞に、屋内キッズプールなど、こどもたちが笑顔になれる仕掛けが満載です。

ネスタリゾート神戸>>
兵庫県三木市細川町垂穂894-60

夏の六甲山に大量の雪!?「真夏の雪まつり」(神戸)

@mutsuminnieが投稿した写真 -

「六甲山カンツリーハウス」では、真夏の雪まつりが7月14日よりスタート。
その名の通り、人工の雪で作った雪山がドーンと出現!
こどもたちは雪だるまを作ったりして、季節外れの雪遊びができます。

こどもたちも楽しそう!雪の中からお宝を探すゲームや夏らしい縁日などもあるので、わくわく感がありますよ!
 
六甲山カンツリーハウス「真夏の雪祭り」>>
神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98

天空リゾート「びわ湖テラス」は標高1,174mのパノラマカフェも人気!

滋賀県にあるレジャーランド「びわ湖バレイ」にある「びわ湖テラス」。
2つの山に設けられたテラスはカフェやレストランがあり、目の前に広がる大きな空と琵琶湖のロケーションとともにティータイムやランチが楽しめます。
 
「びわ湖バレイ」では、絶景アトラクションのスカイウォーカーなどアクティビティも満載です。

蓬莱山の山頂エリアに広がるテラス「Café 360」は18年夏のオープン以来、大好評。
標高1,174mから琵琶湖を眺める絶景は、爽やかな気分を味わえますよ♪

山上なので、街中より涼しいだけでなく、8月末まで無料の水遊びエリアもオープン。山頂のブランコも気持ちよさそう!
 
びわ湖バレイ「びわ湖テラス」>>
滋賀県大津市木戸1547-1

今年はうんちとバトル!?東映太秦映画村「ひえひえ王国 UNCHIの陣」(京都)

東映太秦映画村で毎年恒例となっている「ひえひえ王国」が、2019年は「UNCHIの陣」としてパワーアップ!
うんち巨忍「雲竹斎(うんちくさい)」と対決する水かけまつりや、うんちシャワーにうんち池など、うんちにまつわる(?)水遊びが思いっきり楽しめますよ!

旅人視角さん(@tabibitoview)がシェアした投稿 -

頭上から大量の泡が降り注ぐ「あわあわバズーカ!」も大好評!ふわふわの泡まみれで遊ぶ、未体験の楽しさを満喫しちゃいましょう♪

また映画村では、室内アトラクションやお化け屋敷、撮影セットの街並みなど一日中涼しく遊べるスポットが充実。夜21時までのイルミネーションを開催している日もあるので、HPでチェックしてめいっぱい楽しんでくださいね♪

東映太秦映画村>>
京都市右京区太秦東蜂岡町10

万博記念公園にウォーターパーク現る!「万博夏あそび2019」(吹田市)

2019年7月20日から8月25日まで、万博記念公園で開催される「万博夏あそび2019」。
 
まず注目したいのは、「万博 水あそび」。園内のお祭り広場に、幼児でも遊べる低水位プールからウォータースライダー、日本初上陸のロングスライダーまで登場。さらに水風船の投げ合いイベントや、ウォーターガンを使った合戦ができるエリアもあり、全力で遊べちゃいますよ♪
 
また吉本興業プロデュースのおばけ屋敷「よしもとおもろおばけ屋敷」や、太陽の塔が幻想的にライトアップされる「イルミナイト」なども同時開催です!
 
万博夏あそび2019>>
大阪府吹田市千里万博公園1-1(万博記念公園)

北海道南部に相当する気候は避暑にぴったり!「六甲高山植物園」(神戸市)

神戸市の六甲山にある「六甲高山植物園」は標高865m、北海道南部に相当する気候で夏場でも30℃を超えることがめったにない近場の避暑地です。
ロックガーデンや渓流に池、林などがある園内には、気候を生かした高山植物や花々など、約1500種が栽培されています。

ブナの木陰が心地よい園内の広場では2019年7月13日(土)~9月1日(日)の土日祝日限定(8月12日~15日は毎日)で、ハンモックが並ぶ「ブナカフェ」を開催。
涼やかなブナ林の中で、こどもたちと一緒にハンモックにのんびり揺られてみませんか?
 
六甲高山植物園>>
神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150

空を目がけてジャーンプ!「大阪Water jump O-air」(大東市)

まるでウィンター競技のようなこのスポーツ、ご存知ですか!
スキーやスノーボードを履いてプールに飛び込むスポーツで、“ウォータージャンプ”と呼び、非日常的な爽快感を味わえる新しいレジャーとして注目されています。
 
ゲレンデが滑れる人なら同じような感覚で遊ぶことができますが、こどもたちや、スキー、ボードの未経験者には、スタッフがきちんと指導。
またジャンプ台は大小9段階あるので、まずは緩やかなジャンプ台で水に飛び込むことからスタートできます。

さらに小さなお子さまには専用プールがあり、ママ・パパと一緒なら“空飛ぶ滑り台”などもあるので、家族みんなで楽しむことができますよ。
空にも水にも飛び込める開放感抜群のウォータージャンプ、この夏みんなでチャレンジしてみませんか♪
 
大阪Water jump O-air>>
大阪府大東市龍間1981-11

日によっては10℃くらい涼しい!「貴船の川床」で流しそうめん(京都)

京都の夏の風物詩と言えば鴨川の納涼床(ゆか)ですが、鴨川よりももうすこし北に上がった山中にある貴船の川床(かわどこ)は別格の涼しさ。
なんと、日によっては市街地より10℃ほど気温が低い日もあるんだとか。

@embrace_rejoiceがシェアした投稿 -

中でも唯一「ひろ文」が実施している流しそうめんは涼しさ満点です!
予約ができないため、待ち時間は平均3時間だそうですが、川に流れる水の音を聞きながら涼む時間もステキですよ。
 
ひろ文>>
京都市左京区鞍馬貴船町87

みんな野生児に大変身!「シャワークライミング」(滋賀県ほか)

プールや海もいいけれど、やっぱり大自然と触れ合うことはこどもたちにとって貴重な経験になりますね。京都にある有限会社自然派企画では、滋賀、奈良、和歌山、京都を拠点に、さまざまなアウトドアツアーを開催。
 
中でも「シャワークライミング」は、美しく透き通った小滝や清流に飛び込んだり、また潜ったりしながら源流を目指してぐんぐん歩いて進む、アドベンチャーツアーです。

コースにはそれぞれ専門のコーチが同行するほか、レベルによって分かれていて、レベル1なら小学校1年生のこどもたちから参加がOK!
特に初参加にオススメな滋賀県大津市の「明王谷コース」は、約1.5kmのコースの中に小滝や天然のプールが点在し、水深3mの潜水や、高さ約6mからの飛び込みも満喫できます。
マイナスイオンを思いっきり吸い込んで、大自然に触れてみましょう♪ 
 
自然派企画>>

温度差と美しさに感動!奈良県「面不動鍾乳洞」

関西最大級の規模を誇る、奈良県吉野郡天川村の「面不動(めんふどう)鍾乳洞」。
全長約280mに広がる洞窟には、天井と地上からとさまざまなオブジェの鍾乳石が美しく伸び、空間に流れた月日を思いながら神秘的なひとときを体感することができます。

また洞窟の中は真夏でもホントに涼しいので、こどもたちはテンションが上がりまくり♪念のため、上着が必要かも知れません。

そして面不動鍾乳洞は、山間の高台に位置するため、入口まで丸太の形をしたモノレールで移動。奈良の澄んだ空気をいっぱい感じながら、結構な急斜面に家族みんなでエキサイティングしてください!
 
面不動鍾乳洞 (大峯山 洞川温泉観光協会)>>
奈良県吉野郡天川村洞川673-89

恐竜がいる、ひんや〜り洞窟を探検!「小原洞窟恐竜ランド」(和歌山)

chikaさん(@chika.80)が投稿した写真 -

和歌山県伊都郡にある「小原洞窟恐竜ランド」。
夏でも12℃くらいだというひんやりした洞窟に入ると、突然恐竜の声が響きわたるなど、インパクト抜群なスポット!

もう、これは本格的な探検ですね!
洞窟というちょっと薄暗い、独特な空間を上手に活かしていて、本当に太古の昔にタイムトリップした気分で散策が楽しめます♪
急に恐竜が現れたときは、大人でもびっくりしちゃいますね!
 
小原洞窟恐竜ランド>>
和歌山県伊都郡かつらぎ町花園梁瀬1020

お気に入りの、ひんやりスポットは見つかりましたか?

身近なプールから山上テラスに洞窟まで、さまざまなシチュエーションでひんやりできるスポットを紹介しましたが、いかがでしたか?
お子さまの思い出作りも、ママやパパにとっては体力勝負なところもあるので、ひんやりスポットも取り入れながら夏を楽しみましょう!

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

夏休みはどこに行く?

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

Follow us on
  • Facebook
  • RSS