PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

2017年の十五夜は10月4日です。 正しいお祝いの仕方って知っていますか?

2017.10.03本記事は公開日時点の内容に基づきます

子どもには、日本ならではの行事もきちんと体験させてあげたいですよね。
秋といえば、お月見ですが、なぜ月を鑑賞するのかなど、正しい由来や楽しみ方って意外と知らないもの。
今年の十五夜は10月4日なので、それまでにこっそり予習しておいて、楽しいお月見にしてください!

お月見のことをなぜ十五夜というの?

お月見は、陰暦8月15日(陰暦と新暦とは1ヶ月ほどずれがあるので、十五夜は9月中旬~10月中旬あたり)に1年で最も美しいとされる中秋の名月を鑑賞するという行事です。
この季節になると秋晴れが続き、大陸から乾燥した冷たい空気が流れ込むことにより大気が澄むので、月がとてもきれいに見えるのです。
 
お月見の習慣は、唐から上流階級の人々に伝わり、次第に広まっていったとされています。農家ではちょうど夏の収穫も終わり、稲刈りをするまでの閑散期ということもあり、稲などの五穀豊穣を祈るようになりました。

十五夜のお供えには意味がある?

お月見といえば、ススキを飾って、月見だんご、サトイモ、枝豆などを持って、お神酒を添えるというのが昔ながらの習わしです。
ススキは、作物や子孫の繁栄を見守る月の神の依代(よりしろ)の役割を果たしています。本当ならば稲穂を備えたいのですが、十五夜は稲刈り前なので、稲穂によく似たススキになったそうです。
 
実は月見だんごも、飾る数が決まっているんですよ。十五夜にちなんで、一寸五分(約4.5センチ)のおだんごを15個お供えします。そして、その時期に採れた農作物も飾ります。

すぐマネできちゃう十五夜の楽しみ方をチェック!

昔ながらの十五夜スタイルは、準備も大変そう。
じゃあ、実際のママたちは、どんな風に十五夜を過ごしているか見てみましょう!
みんな自分たちなりの工夫をして、十五夜を楽しんでいるようですよ。

街中に住んでいると、ススキを探すのも大変ですよね。でも、お月見の雰囲気を出したいなら、手ぬぐいを活用してみては?
手ぬぐいを額に入れて飾れば、季節に合ったアート作品に!

手ぬぐい専門店や雑貨屋さんに行くと、季節やイベントに応じたかわいい手ぬぐいがたくさん並んでいます。玄関やリビングに飾るだけで、なんだか情緒ある雰囲気が演出できます。この前に、月見だんごを飾ってもいいですね!

折り紙でも、かわいいお月見アートが作れます。
こちらはお子さんが作ったお月見工作。
お子さんの成長を感じながら、お月見するのも良いですね!

大きな画用紙を買ってきて、子どもと一緒に切ったり貼ったりするのも思い出になりますよ。

おいしくいただきます!お月見だんごアレンジ

トモさん(@tokopy)がシェアした投稿 -

普通のお月見だんごもいいけれど、子どもを喜ばすならちょっとアレンジを加えても!
こちらは、おだんごのほかに、カボチャの煮物も添えて彩りよくしたアレンジ。きな粉ときび砂糖シロップをかけてあるので、子どもたちでもパクパク食べられますね!
お月見だんごは、子どもと一緒に手作りしても楽しいですよ。

玉子焼きのお月様、魚肉ソーセージのウサギ、お月見だんご風のおにぎりで、お月見ワンプレートを作っているママも!

お花が好きなママなら、お月様&ウサギをイメージしたフラワーアレンジメントに挑戦してみても!ママ友へのちょっとしたプレゼントにもオススメです。

せっかくの十五夜だから、記念に残るものが欲しい!そんなママには、足型アートはいかが?
黒い画用紙に白いインクを使って、かかとの部分に指でちょんちょんと耳をつければ、愛らしいウサギの形になります。

いかがでしたか?

十五夜の由来など、知識としては正しいことを知っておきたいけど、実際の楽しみ方は自由自在ですよね。特に子どもが小さいうちは、形式より楽しんで日本の文化に触れることが何より大事!今年の十五夜をどんな風に過ごすか、今から考えておきましょう!

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

卒園卒業・入園入学おめでとう

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

卒園卒業・入園入学おめでとう

Follow us on
  • Facebook
  • RSS