PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

知っていますか?熱中症になったときの応急処置の仕方

2016.08.10本記事は公開日時点の内容に基づきます

猛暑が続くこの時期に気をつけたいのが「熱中症」です。
特に小さなお子さんがいるママは、子どもが熱中症で倒れたりしたらどうしよう・・・と不安になる人がいるかもしれません。
 
普段から熱中症にならないよう気をつけている方も多いとは思いますが、突然、自分のお子さんや目の前にいる誰かが熱中症になったら、どう対処すればいいか知っていますか?
 
いざという時に焦ってしまわないよう、対処の仕方をしっかりと確認しておきましょう。

熱中症になるしくみを知っておこう

人の体温調整は、体温が上がると汗を流し、その汗が体の熱を奪って調整しています。暑い日に運動などをすると、大量に汗をかくのはそのせいです。
ところが、暑い日に激しい運動を続けたり、軽い運動でも長時間水分を摂らなかったりすると脱水症状を引き起こします。
 
体温調整が活発ではない乳幼児やお年寄り、肥満の人などが熱中症になりやすいといえます。また、二日酔いなどで水分補給をあまりしていない人も熱中症になりやすいので注意が必要です。
 
このように「環境」「体調」「行動」の3つの要因が重なると健康な人でも熱中症に掛かる可能性が高まるので気をつけたいところです。

こんな時は熱中症に注意

熱中症になるのは、なにも猛暑の時の昼間だけとは限りません。自分が置かれている環境や状況にも気をつけましょう。

夜でも熱中症になる場合もある

熱中症のおもな原因は「暑さ」です。なので熱帯夜の場合には、寝てる間に熱中症にかかる場合があります。

気温が30度を超えない時でも熱中症になる場合がある

高い湿度も熱中症の原因となります。例えば、気温が28度くらいでも湿度が70%以上あるジメジメした日には、汗が蒸発しにくいため熱中症になる場合があります。

日陰でも高温多湿の室内は熱中症になりやすい

実は熱中症の危険性が一番高いのが室内です。例えば、クーラーのタイマーが切れたまま室内で寝てしまった場合や台所での調理中など、通気性が悪く室内が高温になると熱中症になりやすいので注意しましょう。

飲み物がいつも緑茶ばかりだと熱中症になる場合も

暑い日には、冷えたペットボトルの緑茶を飲んでいる人も多いと思いますが、緑茶は利尿作用が高いため、飲む量や体調によっては十分な水分補給とならない場合があります。

熱中症になった人を見かけたら

普段健康そうな人でも体調や水分のとり方によっては誰でもなる恐れのある熱中症。
 
もし、あなたが熱中症になっている人を見かけたら、どう対処しますか?
いざというときに焦らないように、熱中症の応急処置について知っておきましょう。

熱中症の症状とは

熱中症の症状はさまざまですが、およそ60%が「めまい」「立ちくらみ」「足がつる」という症状です。その後、「頭痛」や「吐き気」などを引き起こします。
それでは、このような人を見かけたらどのように対応していけばよいかを見ていきましょう。

1.まずは声をかけてあげます

これは意識があるかないかを確認するためです。真夏の暑い日にしゃがみこんでいる人などを見かけた場合は、優しく声をかけて意識がはっきりしているか、ぼーっとしているか、意識があるかを確認しましょう。

2.意識がない場合は救急車を呼んで、体を冷やしてあげましょう

声をかけてみて、意識がない場合にはすぐに救急車を呼びましょう。救急車が来るまでは、屋外であれば日陰で涼しい場所に運んだり、あおいで風が当たるようにしてあげましょう。
また、屋内であればクーラーなどをかけたり、氷や濡らしたタオルなどでワキや首すじ、大腿部の付け根(鼠径部)などの大きい血管のある場所を冷やしてあげましょう。
また、服装がきつそうであればゆるめてあげることも大切です。

3.意識がある場合は水分を自力で飲んでもらいましょう

意識がある人には、涼しい場所に移動し、水分を取ってもらいます。飲み物お茶やお水よりも塩分やナトリウム、ミネラルを含むスポーツドリンクや麦茶などが望ましいです。
また、飲ませてあげるよりもまずは自力で飲めるかどうかの確認をしましょう。自力で飲めない場合には、意識があっても救急車を呼びましょう。

4.体を冷やし、水分を補給してしばらく休みましょう

涼しい場所に移動でき、水分も自力で飲めた時は、しばらくそこで体を休ませるようにしましょう。しばらくして症状が改善されるようであれば問題ありませんが、なかなか症状が改善されない場合は医療機関に連れて行くなどしてあげましょう。

熱中症予防アプリを活用しよう

熱中症にならないためには、やはり「予防」が大切です。
そこでオススメなのが、熱中症予防のためのアプリです。
スマートフォンにインストールしておくことで、日頃から熱中症の予防意識を高めることができます。

あなたの街の熱中症予防

Yahoo!防災速報

ヤフージャパンが配信している防災予防アプリ。地震や豪雨といった気象災害のほかに2016年から「熱中症情報」が追加されました。現在地、及び指定3地域のマルチエリアに対応しています。

iphoneはこちら>>

androidはこちら>>
 

熱中症アラート

環境大気や気象データの提供を行っている日本気象株式会社が配信する熱中症予防アプリ。気温・湿度・気象条件から求めた熱中症指数を簡単に確認でき、危険度が一定レベルになると、通知音やポップアップでお知らせしてくれます。

いかがだったでしょうか?
室内で気温が30度を超えない時でも、体調や環境によって熱中症にかかるなど、意外と知らなかった情報もあったのではないでしょうか。
また、熱中症の疑いのある人を見かけた時の対処法もしっかり覚えて、安心・安全な夏休みを過ごしましょう!

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

卒園卒業・入園入学おめでとう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

卒園卒業・入園入学おめでとう

Follow us on
  • Facebook
  • RSS