PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

早くも2019年度のラン活スタート ランドセル選びで大切なことまとめ

2018.04.27本記事は公開日時点の内容に基づきます

皆さんは、「ラン活」というワードをご存知ですか?
いわゆる“ランドセルを購入するための活動”のことなんです。「4月なのに、もう来年のランドセルの話?」と思うかもしれませんが、2019年度(2019年4月に入学されるお子さん向け)のラン活はもうスタートしているんです。
 
お目当てのランドセルを手に入れるために、また、焦って失敗しないように、ラン活で大切なことや最近のトレンドをまとめてご紹介します。

年々早くなる「ラン活」のスタート

ランドセル商戦は、今でも幼稚園年長さんの夏〜秋がピークといえますが、ここ数年で鞄工房が手がけるランドセルの人気が過熱しています。
 
職人さんがひとつひとつ手作りするため、販売数量に限りがあることも理由のひとつ。
2018年度モデルでは人気工房系ブランドのほとんどが7〜8月には完売商品が出るほどの人気ぶり。

さて、今年のラン活はというと…、多くのブランドで2019年度のカタログ請求がスタートしています。
注文受付の開始を去年よりさらに早めたブランドもあり、今年も早めの準備が大切なのは間違いなさそうです。

ただ、特に大手メーカーの場合は通年購入できる商品も多くありますので、焦らずにしっかりリサーチをして、お子さんとママが満足できるランドセルを選んでくださいね。

アンケートで見えてくる「重要視したポイント」とは?

ところで、先輩ママたちがランドセル選びでもっとも重要視したポイントは何でしょうか?
PINTOでは、100人のママにランドセル選びについてのアンケートを実施。ランドセルの決め手になったポイントを聞いてみました。

最近のランドセルはカラーバリエーションが豊富で、カラーコンビネーションや刺繍、型押しなどでデザイン性を打ち出したものが多くなりました。
素材に関しても、工房系では本革が人気ですが、人工皮革のシェアが圧倒的です。
 
1位の色やデザインに関しては、「本人が気に入ったもの」を重要視しているママがほとんど。ただし年長さんの時に「カワイイ!」と思っていた色やデザインが、高学年になってもお気に入りのままなのかは分かりません。
人気のキャラクターものにしたら、6年の間に人気がなくなってしまった…というケースも。
 
そのため、「6年生まで使えるデザイン」を重要視しているママは多いです。お子さんが、こどもっぽいデザインを選びそうなときは、なるべく落ち着いたデザインを選ぶように誘導したりして、工夫しているようですよ。

2019年度モデルの注目ランドセルは?

2018年度モデルで注目された「大容量化」や人気カラーの傾向は今年も引き継がれる模様です。
2019年度版の最新ニュースと合わせて、今年のトレンドを探ってみましょう。

大容量モデルで注目の「みらいポケット」

*彩mama*さん(@saa_mam0917)がシェアした投稿 -

昨年登場したイオンの新しいランドセルシリーズ「みらいポケット」。
小マチが3cmから8cmまで広がり、大マチを合わせて最大20.5cmを確保した大容量軽量モデルで、イオン最大の販売数を記録しました。

今年はこの「みらいポケット」に新モデル「ブレイブナイト」と「ハートフルブーケ」が登場。
また、「24色ランドセル」が「はなまるランドセル24」としてリニューアルされ、マチ幅が11cmから12cmに拡大されるほか、11色の新カラーが登場します。

土屋鞄もA4フラットファイル対応に

Yumikoさん(@629yumiko)がシェアした投稿 -

毎年人気の工房系ランドセル「土屋鞄」は、2019年度モデルから「A4フラットファイル」対応サイズに変更。
最近の小学校ではプリント類の収納にA4フラットファイルを使うことが多く、各メーカーがサイズアップの対応をしてきました。今年からいよいよ土屋鞄もサイズアップし、さらに注目されることは間違いありませんね。

販売時期が早くなった「鞄工房山本」

midoriさん(@mi_ha110)がシェアした投稿 -

高品質と職人の技術力の高さで人気を誇る「鞄工房山本」。
写真からも伝わる天然皮革ならではのこっくりとした色合いと、工房系には珍しいこだわりのデザインがとても素敵ですね。
去年6月の販売では数分で完売するモデルもありましたが、今年は去年より約1ヶ月早い5/13(日)に販売が決定!
今年も店頭販売は行わず、WEBのみですので争奪戦は必至です。狙っている方は事前にしっかり色やモデルを決めておきましょう。

女の子ランドセルのトレンドって?

Hiroko Kosekiさん(@hiroplanetjp)がシェアした投稿 -

セイバンの2018年度女の子向けランドセルで圧倒的人気だったのが「モデルロイヤル・レジオ プリンセス(パールピンク)」。写真の女の子が背負っているモデルです。
光沢が美しいパール生地に王冠の刺繍やバラ柄の金具など、プリンセス感満載のデザインが乙女心をぎゅっと掴みました。刺繍などのデザインは、このモデルのように繊細で上品なタイプが最近の主流になっています。

幅広いデザイン展開で支持されている「フィットちゃん」シリーズ。
本体とふちの色を変えたコンビカラーでは、写真の「ラベンダー×ベビーピンク」が2018年度の人気No.1。
「チョコ×ベビーピンク」も毎年人気の高い組み合わせです。

@mako178がシェアした投稿 -

こちらは人気の工房系ブランド「中村鞄」のランドセル。
牛革では赤系、特にワインレッドが近年注目を集めていますが、天然素材ならではの上品で深みのある赤は永遠の定番ですね。

男の子ランドセルのトレンドって?

Noriko Chayagaitoさん(@chayagaito)がシェアした投稿 -

セイバンの2018年度男の子向けランドセルでは「プーマ」が1番人気!
本体は黒が不動の1位で、フチやステッチに青や赤、ゴールドを取り入れてオシャレを楽しみます。
デザイン性だけでなく、天使のはねの搭載や耐久性の高さなど機能面も充実。

まーぼー豆腐さん(@mkt.1977.0803)がシェアした投稿 -

スポーツ系ブランドのランドセルでは「アディダス」も人気です。
背あてと肩ベルト裏側の鮮やかなブルーがとてもかっこいいですね。
コンビカラーは青のほか、赤と黄色も選べます。

ひと針ひと針を手縫いで仕上げる「萬勇鞄」は耐久性が非常に高く、ワンパクな男の子でも安心の工房系ブランドです。
デザインも豊富で、写真のようにネイビー×ブラウンの知的なコンビカラーも選べます。
工房系ランドセルには珍しい「持ち手」が付いているのも便利。

haruさん(@haru_san_6)がシェアした投稿 -

「ため息でるほどカッコいい」とも評されるのは、100年以上の歴史をもつ「黒川鞄」のスムース牛革ランドセル。
上品な艶と風格は、まさに本物の証ですね。
黒以外にも多彩なカラーバリエーションが揃うのが黒川鞄の魅力。
発色のいいピンクやブルーなど、キラキラ好きな女の子にもおすすめです。

ランドセル選びで気を付けたいこと

先輩ママのアンケートでは、ランドセル選びのアドバイスをもらいました!

入学予定の小学校の傾向をリサーチする

・色やデザインなどの指定がないか
・実際に通っている小学生が、どんなランドセルを背負っているか
・A4クリアファイルや、より大きいA4フラットファイルが入るサイズが必要なのかどうか

店頭や展示会に行く前にしておきたいこと

・カタログを請求して、事前に情報を集めておく
 …各社で特色が異なるので、複数ブランドを検討し2~3ブランドに絞りましょう。

・素材や色、デザインはたくさんあるので、事前に候補を決めておく
 …お子さんの希望をあらかじめ聞き出しておきましょう。

・お目当てのブランドがある場合は、販売スケジュールを確認する
 …展示会と並行して受注しているため、売り切れになる場合も。

・ある程度の予算を決めておく
 …ランドセルの価格帯はピンキリです。祖父母からのお祝いというケースもありますので、ある程度の予算は決めておきましょう。

また、祖父母を店頭や展示会に連れていくと、「こどもが気を使ったりして失敗しがち」という意見もありました。

店頭や展示会では、こんなポイントをチェック

・重さや背負いやすさなど、こどもの体格に合っているか
 …小柄なお子さんは体感重量やフィット感を重視する。活発なお子さんは丈夫さを重視するなど、お子さんに合ったものを選びましょう。

・収納力は大丈夫か
 …A4ファイル対応なのか、A4フラットファイル対応なのかを確かめる。A4ファイル対応  
  となっているものだと、フラットファイルは斜めにしないと入りません。

・雨や雪にぬれても大丈夫な素材かどうか
…本革にも防水加工されている製品が増えています。雪国の場合など通学環境に合っているかも確認しましょう。

・6年間の保証はついているか
 …万が一、壊れてしまった際に修理してくれるかどうかで安心感が違います。

・6年生になっても恥ずかしくない色やデザインかどうか
 …ママがある程度決めたランドセルのなかから、本人に選ばせてあげるというのもいいかもしれません。

ネット通販も便利ですが、やはり実際に背負って確かめてみることが大前提!
人気の工房系ランドセルも各地で展示会を開催しているので、足を運んでみてくださいね。

最終的には本人の納得する色・デザインを

ランドセル選びでは、6年間大切に使ってくれるということが何より重要です。好きなランドセルを選ばせると「こどもっぽい色やデザインは高学年になって恥ずかしがる」「薄い色は汚れが目立ってしまう」という意見が多いのは事実です。
 
一方で、「好きな色を選ばせてあげないと、ずっと文句を言われる」という意見も。
パパやママがきちんと説明して、みんなが納得できるステキなランドセル選びをしてくださいね。

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

年末年始はどうする?

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

年末年始はどうする?

Follow us on
  • Facebook
  • RSS