PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

今年はちょっと早め!2020年度のラン活スタート!ランドセル選びで大切なことを総まとめ

2019.04.15本記事は公開日時点の内容に基づきます

年々早くなっているランドセル商戦ですが、今年はすでに2020年度版(2020年4月に小学校入学されるお子さま向け)のカタログ配布がスタート! 
3月下旬には展示会開催や販売を開始するメーカーもあります。
 
今年は皇位継承に伴うGWの10連休や10月の消費増税なども関係してか、例年よりも各社のスタートが早い傾向に。
 
「ラン活」を成功させるには早めの準備が肝心。お目当てのモデルを手に入れるために、失敗しないラン活の大切なことやトレンドをまとめてみました。

先輩ママにアンケート!「ランドセル購入で重要視したポイント」は?

ラン活を始めるにあたり、「種類がありすぎて、どうやって選んだらいいかわからない」とお悩みのママはたくさんいらっしゃいます。そこで、PINTOでは100人のママにアンケートを実施し、ランドセルの決め手になったポイントを聞いてみました。

最近のランドセルはオシャレなものが多く、本人が気に入った「色・デザイン」で決めたという意見が1位でした。
 
ただ、年長さんの時に「カワイイ!」と思っていた色やデザインが、高学年になってもお気に入りのままかは予想が難しいところ。
キャラクターものにしたら6年の間に人気がなくなってしまった・・・というケースもあり、さらに最近では、焦って早く買いすぎて入学前に「違う色が良かった」と言われる残念なことも増えているようです。 
そのため、お子さまの意見は尊重しつつも「6年生まで使えるデザイン」を重要視しているママが多数。お子さまが飽きてしまいそうな色・デザインを選んだ時は、なるべく落ち着いたデザインに誘導するという声が多くありました。
 
2位は「軽さ・背負いやすさ」がランクイン。
重さに違いがでる「素材」でいうと、工房系では本革が人気ですが、全体で見れば軽い人工皮革のシェアが圧倒的に多くなっています。

最近のランドセル商戦の前倒しは、ここ数年続く鞄工房人気の過熱が理由の1つ。
工房では職人さんがひとつひとつ手作りするため、販売数量に限りがあり、夏前に完売するところも多くなっています。
 
なので、早めに情報収集をして知識を増やしておくことは大切ですが、お子さまが気に入る「色・デザイン」、負担を軽減する「軽さ・背負いやすさ」が決め手の上位にきているように、ランドセル商戦のスピードに慌てず、お子さまにピッタリ合うランドセルをじっくりと選ぶことが成功の秘訣。

大手メーカーの場合は通年購入できる商品も多くありますので、焦らずにしっかりリサーチして、実際に背負ってみて、お子さまとママが満足できるランドセルを選んでくださいね。

2020年度のトレンドはどうなる?

2020年度も引き続き「大容量」、「高級&シンプル志向」が注目を集める傾向にあり、カラーは男の子が「黒系」、女の子が「ライトピンク・ラベンダー」、「茶色・チョコ」系などが人気を集めそう。
 
ただ、トレンドとしては去年から大きく変わることはないと予想されていますので、各社の2019年度版の人気モデルを参考に見てみましょう。

セイバンの女の子ランドセル

上質さと気品をまとう「モデルロイヤル・レジオ ベーシック」が2019年度人気ランキング1位を獲得!王道のピンク系を抑えて、ベーシックな「カーマインレッド」が人気を集めました。
刺繍もサイドに控えめに入っているだけで、「高級&シンプル志向」の2019年度らしい人気モデルですね。

セイバンの男の子ランドセル

昔ながらのシンプルでオーソドックスな「天使のはね クラッシック」が1番人気に。装飾がないからこそ素材の良さが際立ち、6年間使っても飽きずに愛着をもって使えそうです。見た目はクラシックですが、最新機能がしっかり搭載されているので、背負いやすさは抜群!

フィットちゃんの女の子ランドセル

かわいらしいデザインで注目を集めるフィットちゃんでは、ティアラとハートを散りばめた「あい・愛ティアラ 」が人気No.1。
色は定番の「チョコ×ベビーピンク」を抑えて、去年は「ラベンダー×ベビーピンク」が売り上げ1位に輝きました。プリンセスを思わせるスイートなカラーは、2020年度も注目です。

フィットちゃんの男の子ランドセル

イオンの女の子ランドセル

“かるがる背負いやすい”をコンセプトにしたイオンの「かるすぽ」。2019年度は、小マチが伸縮して最大マチ幅20.5cmになる「みらいポケット」が登場し、大きな話題を呼びました。
2020年度は大マチを13.5cmまで広げた「ミラクルin」シリーズが新たに登場するので、こちらも注目!

イオンの男の子ランドセル

同じ「みらいポケット」でもデザインが異なるモデルが数多く用意されていて、男の子用も選ぶ楽しみがいっぱい!
写真はスポーティな「アドバンス」シリーズ。
2020年度は、ベネッセコーポレーションと共同開発し、忘れ物をなくす工夫がつまった「新わすれナイン」が新登場。忘れ物をしがちなお子さまは要チェックですよ。

土屋鞄の女の子ランドセル

2019年度はA4フラットファイルが入る大きさに改良され、更に人気を獲得した土屋鞄。
革本来の美しさが際立つ定番色が人気で、女の子はやっぱり「赤」を選ぶ子が多いよう。
特に背あてと内装に「さくら色」を施したコンビカラーはほんのりと愛らしく、おすすめです。
2020年度は、グレイッシュな青色「アッシュブルー」とまろやかな深みが漂う「カフェブラウン」が新登場。

土屋鞄の男の子ランドセル

男の子の定番は、シンプルな黒。本革らしいツヤがとても綺麗ですね。しかも、写真のランドセルは内装がとってもカラフルな「アトリエ」シリーズ。
こどもたちの感性を育むために生まれたモデルで、2020年度も3人のアーティストによる新デザインが登場します。またアトリエシリーズの新色として「ブルーベリー」が登場するのでお楽しみに!

萬勇鞄の女の子ランドセル

牛革とタフガード(人工皮革)両方の素材を使ったランドセルを製作している萬勇鞄。
その両方の素材で1番人気を獲得したのが、ハートとティアラのモチーフが輝く「クローネティアラ」です。色は、牛革が「ダークブラウン×ジュエルピーチ」で、タフガードが「パールブラウン×ジュエルピーチ」が1位。同じ茶×ピンクですが、牛革は落ち着いた高級感があり、タフガードには特有のシックなパール感があるので、お好みでどうぞ。

萬勇鞄の男の子ランドセル

男の子用も、牛革とタフガードの両方で1位に輝いたのは、レトロでシックな趣にあふれた「ノブレス」。去年も1位を獲得したシリーズで、特に人気の「ネイビー×ブラウン」はスマートな高級感を漂わせています。黒が多い男の子ランドセルの中で差をつけられるモデルですね。

池田屋の女の子ランドセル

3月1日から2020年度のランドセル販売を開始した池田屋。
インスタグラムをのぞいてみても、展示会に行かれた方やもう購入を決められた方がいらっしゃるようですね。
池田屋で1番人気は、特注の人工皮革を使って軽さと高級感を両立させた「ベルバイオスムース カラーステッチ」。中でも去年新登場の「キャメル×ゴールド」は、男の子・女の子問わずに大好評!2020年度モデルからは背面に持ち手が付いて、さらに使いやすくなります。

池田屋の男の子ランドセル

こちらはベルバイオスムース カラーステッチの「コン×キャメル」。ダークな紺色にキャメルのステッチが映えて、とてもオシャレです。
写真の男の子は最初からこの色に決めていて、背負ってやっぱり「この色!」と決めたとか。お子さまの嬉しそうな笑顔が見えるようですね。

ランドセル選びで気を付けたいこと

前述した先輩ママのアンケートでは、ランドセル選びのアドバイスももらいました。

入学予定の小学校の傾向をリサーチする

・色やデザインなどの指定がないか
・実際に通っている小学生が、どんなランドセルを背負っているか
・A4クリアファイルやA4フラットファイルが入るサイズが必要かどうか

店頭や展示会に行く前にしておきたいこと

・カタログや素材見本を請求して、事前に情報を集めておく
 →各社で特色が異なるので、複数ブランドを検討し2~3つに絞りましょう。
・素材や色・デザインはたくさんあるので、事前に候補を決めておく
 →お子さまの希望をあらかじめ聞き出しておきましょう。
・お目当てのブランドがある場合は、販売スケジュールを確認する
 →展示会と並行して受注しているため、売り切れになる場合も。
・ある程度の予算を決めておく
 →ランドセルの価格帯はピンキリです。祖父母からのお祝いというケースもありますの  
で、ある程度の予算は決めておきましょう。
 
また、祖父母を店頭や展示会に連れていくと「こどもが気を使ったりして失敗しがち」という意見もありました。

店頭や展示会では、こんなポイントをチェック

・重さや背負いやすさなど、こどもの体格や性格にあっているか
 →小柄なお子さまは体感重量やフィット感を重視する。活発なお子さまは丈夫さを重視   
するなど、お子さまに合ったものを選びましょう。
・収納力は大丈夫か
 →A4ファイル対応なのか、A4フラットファイル対応なのかを確かめる。A4ファイル対  
応となっているものだと、フラットファイルは斜めにしないと入らない場合も。
・雨や雪にぬれても大丈夫な素材かどうか
 →本革にも防水加工されている製品が増えています。雪国の場合など通学環境に合って  
いるかも確認しましょう。
・6年間の保証はついているか
 →万が一、壊れてしまった際に修理してくれるかどうかは安心感が違います。
・6年生になっても恥ずかしくない色やデザインかどうか
 →ママがある程度決めたランドセルの中から、本人に選ばせてあげるのもいいかもしれ  
ません。
 
ネット通販も便利ですが、ランドセルは実際に背負って確かめてみることが大前提!
人気の工房系ランドセルも各地で展示会を開催しているので、足を運んでみてくださいね。

最終的には本人の納得する色・デザインを

ランドセル選びでは、6年間大切に使ってくれるということが何より重要です。好きなランドセルを選ばせると「こどもっぽい色やデザインは高学年になって恥ずかしがる」「薄い色は汚れが目立ってしまう」という意見が多いのは事実です。
 一方で、「好きな色を選ばせてあげないと、ずっと文句を言われる」という意見も・・・。
 
やっぱりお子さまの意見を尊重しつつ、パパやママの意見もしっかり伝えて、みんなが満足できるランドセル選びをお楽しみくださいね。

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

いよいよ七五三撮影スタート

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

Follow us on
  • Facebook
  • RSS