PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

2021年度のラン活はもう始まっている!?ランドセル選びで大切なこと・注目のブランドを総まとめ

2020.03.25本記事は公開日時点の内容に基づきます

今年、年長さんになるお子さまがいらっしゃるママは、そろそろ「ラン活」が気になりだす頃ではないでしょうか?
 
「ラン活」とはランドセル購入に向けての活動ですが、毎年時期が早まっているのはニュースでもよく目にしますよね。近年では新年度が始まる4月スタートが1つの目安とされていましたが、去年は更に早く3月に販売開始するメーカーが増え、今年はなんと1月にスタートしたブランドも。
 
ますます早まる今年のラン活に乗り遅れないように、重要ポイントをしっかり押さえて万全の準備を整えましょう!

2021年度のラン活はもう始まっている!

ランドセルは大きく分けて、大量生産ができる「大手メーカー系」と職人が作る「工房系ブランド」の2種類があります。
 
早い段階で完売商品が出るのは生産数が限られている工房系商品や限定カラー、一部人気モデルなどで、お気に入りのランドセルを確実に手に入れる為にラン活が年々早くなっているというワケです。販売開始直後に完売になる商品もある中で、まずは手に入れたいのがカタログ。2月現在、大手メーカー系・工房系ともにほとんどのブランドでカタログ申し込みは始まっているので、公式サイトから早めに申し込んでおきましょう。
 
販売開始時期は、すでに1月からスタートした「池田屋」を皮切りに、今年も3月~4月上旬スタートのブランドが多い様子。各地で開催される展示会も既に始まっているところもありますが、春休み頃から全国を巡るスケジュールが多いようです。展示会は予約が必要なところも多いですので、こちらも公式サイトで早めにチェックしておきましょう。

いつ買うのがベスト?

近年では、ランドセル市場全体の購買時期のピークは7~8月とされていましたが、去年は消費増税の影響もあり5~6月に購入した方が増加。6~8月で約6割の方が購入したというデータが出ています。
 
今年も「5%ポイント還元」が6月30日までですので、それまでに購入される方が多いことが予想されますね。5月の連休・夏休み・冬休みの順に購入のピークを迎えそうです。
 
完売が早い工房系は販売と同時に購入を考えている方が多くおられますが、大手メーカー系では「早期割引」を実施するところも。お気に入りのランドセルが見つかった場合は、早めに購入するのがポイントの1つかもしれません。
 
一方で、ピークを過ぎると大手メーカー系は売れ残りや旧モデルを大幅値下げして販売することがあります。半額くらいになることもあるので、特にお気に入りのモデルがない場合は購入時期をずらせばおトクに手に入れることができます。
 
また、ランドセルはおじいちゃん・おばあちゃんからプレゼントされるケースも多く、お盆の帰省時に一緒に買いに行くというご家庭も。
 
このように購入のベストなタイミングは一概には決められないので、各ご家庭で重視したいポイントに合わせて時期を決めるのが最適ですね。

購入時期よりも大事なこととは?

時期の早さばかりが目立ってしまうラン活ですが、「いつ買うか」よりも大事なのが「何を選ぶか」です。選び方のヒントを、100人の先輩ママから集めたPINTOアンケートから見ていきましょう。

1番重視したのは「色・デザイン」と答えた方が最多。特に女の子の場合は選べる色やデザインが豊富で、お子さまのこだわりも強く表れるところですよね。ただ、小学校6年間の間に好みが変わることはよくあるので、お子さまの希望は聞きながらも6年生まで飽きのこない色・デザインを選ばれているママが多くおられました。
 
2位は「軽さ・背負いやすさ」ですが、小学生は予想以上に荷物が多くて重いもの。現在は各社がランドセル本体の軽量化、重さを感じさせない背負いやすさに関して開発を進めており、大手メーカー系・工房系ともに機能は均一化しつつあります。しかし、各社の機能がお子さまの体に合うかどうかは別問題。試着してみないと背負い心地はわからないので、必ず実物を背負ってから決めるようにしましょう。
 
「早く買わないと売り切れてしまう!」と何かと焦りがちなラン活ですが、1番大切なのは「お子さまが6年間快適に使えるかどうか」です。背負いやすさや耐久性、安全面などさまざまなポイントをじっくりとチェックして、後悔のないランドセル選びをしてくださいね。

2021年度はこのランドセルに注目!

【工房系ブランド】

●池田屋

2020年度は完売モデルが続出した人気ブランドです。今年はどこよりも早く1月29日に販売を開始して話題を集めました。ランドセルは、牛革と人工皮革のイイトコ取りをしたハイブリット構造で中身は大容量、さらに抜群の耐久性を誇るなど、見た目だけでなく機能面も充実しているのが特徴です。

デザインは高級感のある落ち着いたラインナップが主流。ステッチやふちの色などを選べる「カラーオーダー」を採用しているので、小粋なおしゃれも楽しめます。理由を問わず6年間無料修理をしてくれる手厚い保証付きなので、わんぱくな男の子にもおすすめ。2020年度の人気No.1モデルは男女共に「ベルバイオスムース カラーステッチ」で人気カラーは定番の「黒」と「赤」。

しかし、「キャメル」人気も強く、写真からもわかるように今年からキャメルのラインナップが増えています。※キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗
 
池田屋>>

●カバンのフジタ

全ランドセルにキューブ型を採用したブランドです。キューブ型とは本体と背あての縫合部分である「ヘリ」のないランドセルの形で、コンパクト&軽量でも大容量を可能とするため、小柄なお子さまにおすすめのデザインとなっています。キューブ型は型崩れしやすいデメリットもありますが、独自の芯材を採用して耐久性も十分。

また、工房系には珍しく「光るランドセル」がある点も注目です。2020年度男の子人気No.1となった「サンダーウィング」は側面にキラキラ光る翼のモチーフが施されていましたが、2021年度は翼が虹色に光る「レインボーフォース」が新たに登場。男の子ママは必見ですよ!※キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗
 
カバンのフジタ>>

●HAKURA 羽倉の手作りランドセル

工房系ランドセルで最多の19色を使ったカラーバリエーションの豊富さと、ユニークでスタイリッシュなデザインが人気のブランドです。

鞄の一大産地として知られる兵庫県豊岡発のブランドで、革の魅力を最大限に引き出す「鋲のないカブセのデザイン」からもその技術力の高さが伺えます。カブセと本体に異なる色を組み合わせたコンビネーションカラー、カブセの革を二重張りにし英国靴風の「ウイングチップ」を取り入れたデザインなど、オリジナリティが光るモデルが充実。

今年は「ミントグリーン」や「オレンジ」、「ライム」などの新色が追加され、さらに、カブセや背あて・側面・ステッチなどのカラーが全3,780通りから選べる「オーダーメイド」を数量限定でスタート。工房系のオーダーメイドは少ないので、要チェックです!
※キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗
 
HAKURA 羽倉の手作りランドセル>>

●萬勇鞄

革の型入れ・裁断から仕上げの手縫いまでの全工程を自社工房内で行い、職人達の熟練の技で丁寧にランドセルを作り上げているブランドです。工房系ブランドの中ではモデル数やカラーバリエーションが豊富で、さらに大手メーカーにも搭載されている「立ち上がる背カン」を採用した背負いやすさも大きな魅力。
価格も工房系のなかでは良心的で、無料でネームプレートやリコーダーケースが付いてくるのでおトク感満載です。

2020年度の人気モデルは、男の子ならアンティークな上品さが漂う「ノブレス」(写真)や真っ黒な背あてがかっこいい「アーデルナイト」、女の子はキラキラしたティアラの刺繍が素敵な「クローネティアラ」や人気のパープル系を2色展開した「シェリーハート」など。2020年度は全商品が完売したので欲しい方はお早めに! ※キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗
 
萬勇鞄>>

【大手メーカー系】

●セイバン

「いろいろ見た結果、セイバンに決めた」という声がよく聞かれ、業界トップのシェアを誇るメーカーです。幅広いラインナップなど見た目の良さに注目が集まりがちですが、もちろんそれだけではありません。

「天使のはね」が叶える背負いやすさ、「タフかるプレート」が実現する軽さと強度、「背中通気構造」など最新機能が満載で、さらに外部機関と協力した耐久テストを実施しているために品質への信頼度は抜群。購入後の満足感が非常に高いのも選ばれる理由です。

去年の男の子人気No.1は「天使のはね クラシック」の「黒」で、シンプルなデザインに超ハイスペックな機能を搭載したモデル。女の子では「モデルロイヤル クリスタル」の「パステルパープル×マカロンピンク」(写真)が赤系を抑えて人気No.1に。スワロフスキー®・クリスタルをあしらい、雪の結晶やガラスの靴をモチーフにしたプリンセスデザインが女の子の心をギュッと掴んだようですね。※キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗
 
セイバン>>

●フィットちゃん

業界髄一の種類の豊富さを誇るフィットちゃんは、特に女の子から大人気。繊細な刺繍が随所に施されたデザインはとても華やかで、見ているだけでワクワクします。

また、ランドセルのふちが車のライトで光る「光るフィットちゃん 安ピカッ®」機能も好評で、60m先からランドセルの形が視認できるので夜道や雨の日も安心。特許を取得した「フィットちゃん背カン」構造でランドセルの重さを分散させ、肩への負担を約50%減らすなど背負いやすい機能も充実しています。

去年の男の子人気No.1は流線形のステッチがかっこいい「グッドボーイDX安ピカッタイプ」。女の子はハートのモチーフが散りばめられた「あい・愛ティアラ 安ピカッタイプ」が不動の人気。また、本体やへりの色、鋲や刺繍などが細かく選べる「オーダーメイド」も限定数取り扱っています。※キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗
 
フィットちゃん>>

その他、大容量モデルが人気の「イオン」や2021年度から新登場する「DIESEL」のロックなプレミアムランドセルなど注目のブランドはまだまだたくさんあります。気になるランドセルはしっかりと比較検討して、じっくりお選びくださいね。

ランドセル選びで気を付けたいこと

前述した先輩ママのアンケートではランドセル選びのアドバイスも頂きました。
 
入学予定の小学校の傾向をリサーチする
・ランドセルの色やデザインなどの指定がないか
・実際に通っている小学生がどんなランドセルを背負っているか
・A4クリアファイルやA4フラットファイルが入るサイズが必要かどうか
 
店頭や展示会に行く前にしておきたいこと
・カタログや素材見本を請求して事前に情報を集めておく
 →各社で特色が異なるので複数ブランドを検討し2~3つに絞りましょう。
・素材や色・デザインはたくさんあるので事前に候補を決めておく
 →お子さまの希望をあらかじめ聞き出しておきましょう。
・お目当てのブランドがある場合は販売スケジュールを確認する
 →展示会と並行して受注しているため、売り切れになる場合も。
・ある程度の予算を決めておく
 →ランドセルの価格帯はピンキリです。祖父母からのお祝いというケースもありますの  
で、ある程度の予算は決めておきましょう。
 
また、祖父母を店頭や展示会に連れていくと「こどもが気を使って失敗しがち」という意見もありました。
 
店頭や展示会ではココをチェック!
・重さや背負いやすさ、耐久性などの機能がお子さまの体格や性格に合っているか
 →小柄なお子さまは体感重量やフィット感を重視する。活発なお子さまは丈夫さを重視   
するなど、お子さまに合ったものを選びましょう。
・収納力は十分か
 →A4ファイル対応なのか、A4フラットファイル対応なのかを確かめる。A4ファイル対  
応となっているものだと、フラットファイルは斜めにしないと入らない場合も。
・雨や雪にぬれても大丈夫な素材かどうか
 →本革にも防水加工されている製品が増えています。雪国の場合など通学環境に合って  
いるかも確認しましょう。
・6年間の保証は付いているか
 →万が一、壊れてしまった際に修理してくれるかどうかで安心感が違います。
・6年生になっても恥ずかしくない色やデザインかどうか
 →ママがある程度決めたランドセルの中から、本人に選ばせてあげるのもいいかもしれ  
ません。
 
ネット通販も便利ですが、ランドセルは実際に背負って確かめてみることが大前提。
人気の工房系ランドセルも各地で展示会を開催しているので、足を運んでみてくださいね。

最終的には本人の納得する色・デザインを

ランドセル選びでは、お子さまが6年間大切に使ってくれるということが何より重要です。好きなランドセルをお子さまに選ばせると「こどもっぽい色やデザインは高学年になって恥ずかしがる」「薄い色は汚れが目立ってしまう」という意見が多いのは事実です。
 一方で、「好きな色を選ばせてあげないと、ずっと文句を言われる」という意見も・・・。
 
やっぱりお子さまの意見を尊重しつつ、パパやママの意見もしっかり伝えて、みんなが満足できるラン活をお楽しみくださいね。

RANKING

ランキング一覧

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

春におすすめ記事

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

Follow us on
  • Facebook
  • RSS