PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

100人のママに聞きました!卒園の思い出作りでやって良かったこと。教えてください!

2019.03.11本記事は公開日時点の内容に基づきます

いよいよ卒園シーズンがやってきましたね。
幼かった我が子が心と体を大きく成長させて巣立っていく「卒園」は、何か特別な思い出作りをしたいもの。
全国のママたちに聞いた「やって良かった思い出作り」から、ステキなヒントをいただいちゃいましょう!

【調査概要】
調査期間:2019年2月
調査対象:全国各地に居住するママ100人
調査方法:インターネット調査

(本記事の内容は2018年12月25日(火)〜2019年3月31日(日)実施の「卒園卒業撮影キャンペーン」に基づきます。)

卒園の思い出として周りのお友達にプレゼントをしたことがありますか?

87%と、ほとんどの人が何らかのプレゼントを贈るようです。
どんなものをプレゼントしたのかと言えば、
 
「卒園して、小学校が別になったので、親しかったお友達にメッセージカードを渡しました」
「家にあったおもちゃを使って、仲の良いお友達グループ4人組の全員が写っている写真を缶バッチにして渡しました」
「仲の良かったお友達とママ友達にフォトブックを作って渡しました」
と、仲良しだったお友達を中心に手作りのプレゼントをしている人が多数でした。
 
また、
「小学校に入学してから使えるように、名前入りの鉛筆をプレゼントしました」
「お友達の名前入りのハンドタオルをプレゼントしました」
など、名前入りで小学校に上がってからも使えるものを贈る人も多いようです。

やって良かった卒園の思い出作りは?

1位 アルバム・DVD作り

卒園式の記念写真を撮影するだけではなく、フォトブックやムービーを作る人が多く、定番となっているみたいですね。
 
「親たちが集まって児童たちに密着し、写真をとにかく撮り、その写真を使って、一人一人違うストーリー性を持ったアルバムを作成しました」
 
「撮りためた写真を写真屋さんで選んでフォトブックを作りました」
 
「フォトブックはママの写真も入っているので喜んでもらえました」
 
「卒園アルバム制作。いろいろ写真を見ると懐かしく、こういう機会がないと、なかなか写真を出してアルバムにすることはないので、良かったです」
 
「生まれてから、卒園するまでの写真をいくつか選んで、A3サイズくらいのパネルを作成しました。こどもが成長してきた様子がひと目でわかるので、家族から好評でした」
 
入園時は泣いて通園を嫌がったお子さまも、さまざまな経験を通して、今じゃお友達とお泊まり会をするくらい成長した・・・そんな思い出深いシーンの数々をまとめるフォトブックやムービーは親子やお友達とのいい思い出になりますね!
ママさんたちが集まって作るのも楽しいと評判のようです。

スマホで撮影した写真を、カタチとして残せる「グロースナップ」を使えば、簡単に卒園式の思い出作りができます。卒園式のデザインテーマを選んで、スマホの中にある写真を選ぶだけ。複数枚作成すればお友達にプレゼントもできます。

作成したグロースナップ を、デコレーションカードや壁デコパネルにもできます。
お部屋に飾りやすいアイテムなので、お友達にも喜ばれるはずですよ♪
 
グロースナップ>>

2位 仲良しのお友達とのパーティやお出かけ

卒園の記念として、パーティやお出かけをする人も多いようです。中には泊りがけの旅行に出かける人もいるなど、特別な時間を過ごしてほしいですよね!
 
「近所の自治会館を借りて、みんなで豚汁パーティをしました」
 
「お店を貸し切りにして、クラスの仲の良い子達と親御さんとでお酒を飲んでお祝いしました」
 
「卒園記念に、親子参加の40人ほどで盛大にバーベキューをしました」
 
アルバムづくりなどと併せて、パーティやお出かけをする親御さんもいるようで、みなさん卒園の思い出づくりが上手ですね!

3位 先生へのプレゼントや謝恩会

お世話になった先生への感謝の気持ちも最後に伝えたいですよね。ママさんたちで企画した謝恩会や、メッセージカードなど、いろいろ工夫して先生への感謝の気持ちを伝えているみたいです。
 
「みんなでお昼を食べてゲームや先生に歌のプレゼントをします」
 
「保育園を会場に、手作り謝恩会を開いたのが良い想い出です」
 
「幼稚園のホールを借りて園児の写真をスライドで流しながら先生もお招きしてみんなでランチしました」
 
「担任の先生には、恒例の寄せ書きとお花のプレゼントをしました。いつも園バスでお世話になっていた、バス担当の先生と運転手さんには個人的にちょっとしたお菓子をプレゼントしました。あと、最後のバスの送迎のときに一緒に写真を撮ってもらい、良い思い出になりました」

祖父母に卒園記念の贈り物をした?

いつも子育てを支えてくれている、祖父母に贈り物をする人が多数ですね。

プレゼントのほとんどがお孫さんの写真や感謝の気持ちを伝えるメッセージカードですが、お友達の時のアルバム作成と同時に作る人が多いみたいですね。
 
「遠方に住んでいる祖父母でしたが、運動会や学芸会にはよく足を運んでくれました。そこで卒園の年に、今まで一緒に見てきた行事の写真をまとめてフォトアルバムにしてプレゼントしました。手軽にいつでも見ることができると喜んでくれました」
 
「卒園式のDVDや写真を遠方で暮らす両家の両親にプレゼントしました」
 
「入園から卒園までに書いた似顔絵とこどもが書いたメッセージをアルバムにして渡しました」
 
このように、なかなか会えない場合でも、感謝の気持ちが伝わる贈り物というのは本当に嬉しいものですよね!

スタジオアリスでは、2019年3月31日(日)まで「卒園卒業撮影キャンペーン」を実施中です。
お子さまの成長した姿を、祖父母にぜひ見てもらいたい!というご家族にはおすすめです。

特典として10,000円(税込)以上ご購入された方には、キャビネプリント(フレーム付)か、キャビネプリント(スクエアフレームわかば)のどちらか1枚プレゼント!
祖父母へのプレゼントにも最適ですよ。

楽しいけど大変!先輩ママからのアドバイス

卒園の思い出づくりは、こどもたちが喜んでくれると考えただけでワクワクしますが、準備は大変です。
 
「担任の先生に、手作りアルバムを作成してプレゼントしました。今までとり貯めた写真を編集したり、他のお母さんたちから譲ってもらったり、写真集めが大変でした」
「こどもが、たくさんの人に手紙を書くのを大変そうにしていた」
 
「ひとりひとりの家庭で、卒園に対する熱量が違うため、何をどこまでやるのか、難しく悩みました。やり過ぎも良くないですし。なので、事前の話し合いが大切です」
 
「保護者はみんな働いているためお迎えの時間もバラバラの中、グループLINEで写真を集め、全ての写真をトリミングしてフォトブックを作り確認してもらって…と仕事や家事に入学準備もある中での作業はとても大変でしたが、やはり何か形に残るものが欲しかったので、作ってよかったなと思います。」
 
こうして考えると、とにかく準備は早めに!ということがわかっていただけたかと思います。また、親御さんの意気込みがお子さまへのプレッシャーになっている場合もあるというのもちょっとしたポイントかなって思いますね。

いかがでしたか?

スタジオアリスの「卒園卒業撮影キャンペーン」

祖父母へのプレゼントにもぴったり!

詳しくはこちら>>

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

お子さまが門出を迎える方に

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

Follow us on
  • Facebook
  • RSS