PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

【おでかけPINTO】「文化の日」は無料開放でおトク!親子で楽しめるカルチャースポット(東京・千葉)

2020.11.02本記事は公開日時点の内容に基づきます

11月3日は国民の祝日「文化の日」。自然や芸術に親しむきっかけづくりとして、様々な文化施設が無料開放されます。お子さまと一緒に博物館や美術館で文化の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
※新型コロナウイルスの感染予防対策として入館時の検温やマスク着用などの入場条件が設けられていたり、事前予約が必要なスポットもあります。HPなどで事前にご確認ください。

都会のまん中で自然を満喫!「附属自然教育園」(東京)

東京の中心部にあって自然を満喫できるのが「附属自然教育園」です。
 
約6万坪・東京ドーム4つ分という広大な森の歴史は古く、江戸時代から大正時代まで一般の人が立ち入ることができなかったことから昔のままの自然が残されているのだとか。
 
樹木や野草、池や湿地を好む水生植物など園内の植物はとても表情豊か。マイナスイオンを浴びながらのお散歩は爽快で、これからの季節は紅葉も楽しめます。

こどもたちにとっては生きものを観察できるのもお楽しみのポイント。昆虫や鳥たち、運がよければタヌキなど動物の姿が見られることもあります。


東京都港区白金台5-21-5
附属自然教育園>>
※自然保護のため一度に入園できる人数に制限があり、人数が多い時は入園まで時間がかかることがあります。

 

江戸時代の房総へタイムスリップ!?「千葉県立 房総のむら」(千葉)

千葉県・房総の歴史や技術を遊びながら学べる体験型博物館「房総のむら」。
 
東京ディズニーランドとほぼ同じ広い敷地内に、江戸時代から明治時代の商家の町並みや武家屋敷などが再現されていて、まるで時代劇のセットのような雰囲気。写真映えも期待できそうですね♪

見るだけではなく、体験できるのも人気のポイント。そば打ちやミニチュア埴輪(はにわ)づくりなど、食・技・昔を体験できる実演・体験イベントが年間約350種類も開催されています。ちなみに11月3日は「浮世絵の摺り(すり)」「べっ甲細工」などが実演予定です。
 
実演・体験の参加は事前予約が必要な場合もあるのでホームページでご確認ください。
 

千葉県印旛郡栄町龍角寺1028
千葉県立 房総のむら>>
※同施設で毎年恒例の11月3日の「餅まき大会」「ふるさとまつり」は中止ですが、施設は通常通り開館予定です。

恐竜や動物好きにおすすめ「国立科学博物館」(東京)

上野公園内にある「国立科学博物館」は1万点超の展示品が見られる日本最大級の科学博物館です。文化の日は、生物の進化や科学について学べる「地球館」と、日本の歴史を知る「日本館」の常設展示が無料公開されます。

自然のふしぎがいっぱい「地球館」

地球に生命が誕生した46億年前からの歩みが学べる「地球館」。恐竜の復元模型や動物のはく製などリアルな展示が迫力満点です。生きもの好きなら、小さなお子さまも時間を忘れて夢中になるはず。

地形から昆虫まで日本の歩みを学ぶ「日本館」

世界的にも珍しいとされる日本の地形。「日本館」ではそんな日本列島の地形の変化や、そこで生まれ、繁栄と絶滅を繰り返してきた生きものについて学べます。

ぜひ見ておきたいのは、日本館3階に展示されている「フタバスズキリュウ」。日本で発見された首長竜で全身の骨格が見事に復元されており、全長約9メートルの大迫力です!
 
「地球館」は地下3階~地上3階、「日本館」は地下1階~地上3階と常設展だけでかなりの広さがあります。ホームページに効率よく見どころを巡るおすすめコースが紹介されているので参考にしてみましょう。
 

東京都台東区上野公園7-20
国立科学博物館>>
※入館は事前にWEBで予約登録が必要です。詳しくはホームページでご確認ください。

 

巨大な骨や化石、生きている動物も!「千葉県立中央博物館」(千葉)

「房総の自然と人間」をテーマに千葉県の自然と歴史について学べる総合博物館。常設展示は「自然」「歴史」「自然と人間の関わり」の3つのテーマで構成されています。
 
千葉県に生息する動物のはく製や昆虫の標本をはじめ、氷河期に生息していたというナウマンゾウの骨格標本や、巨大なクジラの骨なども間近に。さらに、カエルやヘビなど身近な小動物は、生きた状態で展示されており習性や表情を観察できます。

隣接する「生態園」に寄り道も

博物館の隣には、房総の森や草原を再現した野外博物館「生態園」があります。生きものの自然の中での暮らしぶり(生態)を観察できる園で昆虫や鳥たちの姿も見られます。


千葉県千葉市中央区青葉町9552
千葉県立中央博物館>>

 

ゆったりアートな気分に浸る「千葉県立美術館」(千葉)

千葉県にゆかりのある美術家を中心に、国内外の美術作品が楽しめる美術館。日本画や洋画をはじめ、書や彫刻、工芸品など収蔵作品は約2800点以上に及びます。

約1万坪の敷地に建つレンガ造りの展示室は建築家・大高正人氏の設計。平屋のゆったりとした造りで、館内は8つの展示室で構成されており、全てバリアフリー。全室を通して段差がなく、ベビーカーや車イスでも安心してまわれます。

敷地内にはカフェレストラン「Shirayuri」が併設されています。軽食のほかソフトクリームなどの甘味も楽しめますよ。


千葉県千葉市中央区中央港1-10-1
千葉県立美術館>>

文化施設を無料で楽しむチャンス!

紹介した5つの施設に限らず、文化の日は無料で開放される美術館や博物館がたくさんあります。お住まいの地域の気になる施設について調べてみてはいかがでしょうか。
 
ただし、例年と違って多くの施設で新型コロナウイルスの感染対策がとられています。当日のマスク着用はもちろん、事前予約の必要の有無など確認をお忘れなく!

RANKING

ランキング一覧

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

まだまだ間に合う!七五三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

Follow us on
  • Facebook
  • RSS