PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

【おでかけPINTO】こどもたちにも見せてあげたい!雪の絶景【西日本編】

2020.02.17本記事は公開日時点の内容に基づきます

寒い冬の日が続きますが、今しか見ることができない雪景色があります。小さな里山に日本を代表する名庭、雪に包まれた古刹まで、一度は見たい冬ならではの、とっておきの絶景に会いに行きましょう♪

※イベントは記載内容から変更になる場合があります。お出かけ前に最新の情報をご確認ください。

すっぽり雪に包まれる日本の原風景「白川郷」(岐阜県大野郡)

まるで日本昔話のようなこの光景! こちらは岐阜県北西部、庄川上流の地域に広がる集落、白川郷です。大小100余りの“合掌造り”の家が立ち並び、日本の原風景とも言える景観はユネスコ世界遺産にも登録されています。
山深い日本有数の豪雪地帯にあり、冬ともなると雪にすっぽりと包まれ一層ファンタジックな雰囲気に。さらに1月から2月16日まで毎週日曜日に行われているライトアップイベントは毎年大人気。ライトアップ開催日の入村には事前予約が必要です。

白川郷観光協会>>

住所:岐阜県大野郡白川村荻町
見頃:~3月上旬
ライトアップ開催期間:2020年2月2日(日)、9日(日)、16日(日)
開催時間:17:30~19:30

雪に包まれた小さな里山「五箇山合掌の里」(富山県南砺市)

岐阜県の白川郷と合わせて「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界遺産に登録されているのが、富山県の南西端、庄川沿いにある五箇山(ごかやま)。自然豊かな里山には、重厚な合掌造りの家々が建ち並びます。世界でも有数の豪雪地帯にあるため、毎年、冬になると周囲の山々から合掌造の屋根がすっぽりと雪に包まれるんだとか。

合掌造りの家屋は現在も、住居や宿泊施設として活用されているそうです。一度宿泊してみたいですよね。小さな集落ですが、資料館や土産物店、食事処なども揃っているので、一日楽しめること間違いなしです。

※環境保護のため車両の入場を規制しているエリアがあるので要注意。
JR高岡駅から五箇山への直通バスもあるので、公共の交通機関でのアクセスがオススメです。

五箇山>>

住所:富山県南砺市相倉(相倉合唱集落)
   富山県南砺市菅沼(菅沼合掌集落)
毎年の見頃:~2月

名庭の冬景色に感動「兼六園」(石川県金沢市)

日本三大名園のひとつとして有名な兼六園では、毎年11月になると約500本の木々に施される「雪吊り」が冬の風物詩。「雪吊り」は、雪の重みで枝が折れてしまわないように職人さんが1本1本の木に手作業で行うんだとか。木々や庭園などあたり一面に降り積もった雪と放射線状のラインが美しいですね。
夜間の無料開放&ライトアップも期間限定で開催中なので、こちらもぜひ!

兼六園>>

住所:石川県金沢市兼六町1
毎年の見頃:~2月
ライトアップ:~2020年2月2日(日)、2月8日(土)~2月16日(日)

日本海に面した棚田の冬「白米千枚田」(石川県輪島市)

石川県輪島市白米町にある棚田「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」。
日本海に面して、小さな田が海岸まで段々と続く光景は、日本の棚田百選や国指定文化財名勝に指定されています。

3月中旬までは2万5000個のLEDが彩るイルミネーション「白米千枚田あぜのきらめき」を開催中。夜の棚田をピンクやイエローなど4色に変化する光がきらめく様子も必見ですよ。

白米千枚田>>

住所:石川県輪島市白米千枚田八部99-5
白米千枚田あぜのきらめき:~2020年3月15日(日)

白銀に包まれる絶景ロード「メタセコイア並木」(滋賀県高島市)

今や全国的な知名度を誇るのが、滋賀県にある絶景ロード「メタセコイヤ並木」。観光果樹園「マキノピックランド」からマキノ高原へ続く2.5キロメートルほどの直線道路の両側に植えられた約500本ものメタセコイアが白銀に包まれると世界が一変!最高のドライブになりそうですね。

マキノツーリズムオフィス>>

住所:滋賀県高島市マキノ町牧野
毎年の見頃:~2月

朱色の鳥居と純白の雪「貴船神社」(京都府京都市)

京の奥座敷と呼ばれる貴船を代表するスポット、「貴船神社」。
京都市街地より山奥にあるので、毎年、鮮やかな朱色の鳥居や灯籠が真っ白な雪に包まれた雅な様子が堪能できるんです。また1~2月の土曜日、たくさん雪が積もっている日限定で夜はライトアップも開催されているので、さらに幻想的になりそうですよね。
水の神様が祀られているこちらでは、水占いもありますのでお忘れなく♪

貴船神社>> 

住所:京都市左京区鞍馬貴船町180
毎年の見頃:~2月

海に面した「伊根の舟屋」と雪のコラボ(京都府与謝郡)

京都の景勝地「天橋立」から車で約30分の所にあるのが、「伊根の舟屋」と呼ばれるエリア。丹後半島の東側にある伊根湾に沿って、200軒以上の舟屋が立ち並ぶ風情ある景色が広がっています。舟屋とは、1階が舟のガレージ、2階は住居や民宿の客室として使用されている独特な構造の家屋のこと。海辺ぎりぎりに立っているので、海に浮かんでいるように見えますね!
この風情ある景色が雪に包まれる様子は、伊根湾クルーズからも眺められますよ。

伊根町観光協会>>

住所:京都府与謝郡伊根町字平田
毎年の見頃:~2月

見渡す限りの銀世界!「鳥取砂丘」(鳥取県鳥取市)

鳥取といえば「鳥取砂丘」ですよね。鳥取県東部面して広がるこの海岸砂丘は、東西に約16km、南北2.4kmに広がり、国の天然記念物にも指定されているんですよ。
日本海からの激しい風が吹き付ける砂丘に雪が降り積もると、見渡す限りの銀世界に。その向こうには海!
こどもと雪遊びもしたいですね。

鳥取砂丘>>

住所:鳥取県鳥取市福部町湯山2164-971
毎年の見頃:~3月

可憐で壮大な霧氷が一面に!「雲仙ロープウェイ(仁田峠)」(長崎県雲仙市)

長崎県・島原半島にある標高1359mの独立峰「雲仙普賢岳」。九州でも有数の名山として知られるこの山は、冬ともなると山肌を覆い尽くす霧氷(むひょう)が圧巻です。霧氷とは、零下の風に吹き付けられた霧や雲が木の幹や枝に凍り付き、繊細な氷の花が咲いているかのように見える自然現象。

「雲仙普賢岳」の登山拠点となる仁田峠からロープウェイに乗って、眼下に広がる白銀を眺めながらの空中散歩に出かけましょう!ロープウェイ終着駅の妙見岳展望台からは天草諸島などの雄大な景色が広がります。

雲仙ロープウェイ>>

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙551
毎年の見頃:~2月 ※2020年2月12日(水)~2月21日(金)は運休

いかがでしたか?

日本ならではの美しい雪景色はぜひこども達に見せてあげたいですね。ママもパパもお子さまも、アウターからシューズまでしっかりと防寒してお出かけくださいね。

2020年の冬は暖冬の影響で全国的に積雪量が毎年より少ないため、お出かけ前に各スポットのサイトなどで積雪量をご確認くださいね。

RANKING

ランキング一覧

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

春におすすめ記事

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

Follow us on
  • Facebook
  • RSS