PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

一眼レフとコンデジの違いって?カメラ選びの基本知識を抑えよう

2021.03.26本記事は公開日時点の内容に基づきます

こどもの運動会や発表会で活躍するデジタルカメラやデジタル一眼レフカメラ。いろいろなメーカーが続々と新作を発表しており、どうやって選んだらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、基本的なカメラの選び方を紹介します!

デジタルカメラの種類とは?

デジタルカメラは、コンパクトデジタルカメラ、ネオ一眼レフ、一眼レフ、ミラーレス一眼に分けられることが多いです。

コンパクトデジタルカメラ

コンデジと略されることの多いコンパクトデジタルカメラは、価格も安く軽いのが特徴です。レンズは内蔵式で、気軽に写真を撮りたい人にぴったりなカメラです。

ネオ一眼レフ

一眼レフのような外観のネオ一眼レフ。レンズ交換はできませんが、超高倍率のズームを備えていることがほとんど。遠くの風景を撮りたい人や次に紹介する一眼レフほどの性能を求めない人にオススメです。

一眼レフ

レンズを通した光をミラーで反射させることで、撮影する一眼レフ。ファインダーから除いたままの写真を撮れるタイプのカメラです。レンズ交換も可能で、ありとあらゆる撮影ができます。
中にミラーが内蔵されているため、サイズは大きく、重めになりがち。ファインダーを使い撮影するため、次に紹介するミラーレス一眼より、バッテリーの持ちが良いというメリットもあります。

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼は、その名前の通りカメラ内部にミラーがないのが特徴。ミラーがないことで、軽量化されています。従来の一眼レフカメラ同様、レンズ交換も可能です。
液晶画面を見ながら撮影が可能なため、スマホ撮影に慣れている人は直感的に使うことができます。

APS-C、フルサイズって?

そして、次にカメラを買うときにチェックしておきたいのが、マイクロフォーザーズ、APS-C、フルサイズという言葉。

これらの言葉は、センサーサイズのことを指しています。マイクロフォーザーズ、APS-C、フルサイズの順にセンサーサイズが大きくなっていきます。センサーが大きくなるほど、画質も良くなり、背景がボケやすくなるため雰囲気のある写真に仕上がります。センサーサイズが大きくなるにつれてカメラの価格もアップします。

また、フルサイズセンサーで撮った写真とAPS-Cセンサーで撮った写真では、同じ焦点距離で撮っても画角が変わってきます。メーカーによって若干変動しますがAPS-Cセンサーで撮った写真は、フルサイズで撮った写真に比べ約1.6倍望遠となるので、何をどう撮りたいかで選ぶようにしてみてください。

そのほかの機能にも注目!

最新カメラには、撮影を手助けしてくれる機能を搭載した商品もラインアップされています。顔を認識したり、瞳を追いかけたりしてピントを合わせられる機能や4K動画が撮れる機能を搭載した商品は、こどもを撮影する際にあると便利な機能です。

液晶画面を動かせるバリアングル式やチルト式液晶がついた商品は、液晶を見ながら撮影した人にオススメの機能です。ぜひ、細かいところまでチェックしてみてください。

最新のトレンドはフルサイズミラーレス一眼!

センサーサイズが大きいフルサイズ一眼レフは、機材の大きさもアップしがちでしたが、最近ではセンサーサイズが大きいにも関わらず、本体は軽量化された「フルサイズミラーレス一眼」が人気を集めています。
お子さまの成長を高画質で残したい人は、ぜひ候補に加えてみてください。

自分に合わせたカメラを選ぼう!

カメラ選びをしっかりすることで、撮りたい写真が撮ることができます。ぜひお気に入りのカメラを見つけて素敵な写真を残してみてください。

RANKING

ランキング一覧

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

まだまだ間に合う!七五三

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

Follow us on
  • Facebook
  • RSS