PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

【おでかけPINTO】家族で行こう! 歩きながら楽しむ紅葉スポット【東京・千葉・埼玉】

2021.11.03本記事は公開日時点の内容に基づきます

行楽シーズンながら密が気になってお出かけ先選びも慎重になる今日この頃。でもせっかくの心地よい季節、密を避けながら気分もリフレッシュできる「紅葉狩り」はいかがでしょうか。

美しい紅葉を見て楽しむだけでなく、自然の中を散策したり、ケーブルカーに乗ったり吊り橋を渡ってみたり…。きれいな景色プラス、こどもたちがワクワクできるお楽しみも期待できる紅葉狩りスポットをご紹介します♪

都心から電車でGO♪「高尾山」(東京都)

東京都心から電車で約1時間の「高尾山」は、気軽に行ける自然満喫スポットとして1年を通して大人気。紅葉シーズンの景色も期待を裏切らない美しさです。
 
ふもとから歩いて山頂を目指す3つの登山ルートに加え、中腹や山頂付近で登山道が枝分かれし、それぞれのコースで違った秋の景色が迎えてくれますよ♪

歩いて登るほか、多くの方が利用するのがふもとから中腹まで運んでくれるケーブルカーとリフト。ラクに登れるだけでなく、景色を楽しむにもうってつけです。

高尾山のケーブルカーは傾斜角度がなんと日本イチ!
急斜面をぐんぐん登っていく迫力にこどもたちも夢中になりそう。

一方、リフトはケーブルカーに比べてのんびり前進。樹木の色づきと澄んだ空気を全身で感じられて、こちらも気持ちがいいですよ♪

ほかにも、中腹にある「高尾山さる園・野草園」や、吊り橋を渡る登山コース、天狗様の像でおなじみの「薬王院」など見どころいっぱいの高尾山。車がなくても自然を大満喫できる週末のリフレッシュスポットです。
 
高尾山の詳しい情報はこちら(八王子市)>>

ケーブルカーで山頂へ!「御岳山」(東京都)

1都3県にまたがる秩父多摩甲斐国立公園内に位置する「御岳山」。
 
美しい森林と渓谷に囲まれ、ハイカーたちにもファンが多い秋の名所にはこの季節、赤・黄色・オレンジに彩られた秋色のパノラマが広がります。

標高929mという高さがありながら、ケーブルカーを使えば下車口から山頂まで歩いて約30分で到着。こどもの足でもムリなく歩けますが、山頂に到着する直前、最後の砦として300段超の石段が登場!ちょっとしたチャレンジ気分を味わえるのも楽しいですよ♪
 
山頂には武蔵御嶽神社が鎮座していますので、神様に「おじゃまします」のお参りをしていきましょう!

御岳山の周辺には体力に合わせて選べる様々なハイキングコースもあります。
 
こどもと一緒なら「大塚山コース」がおすすめです。樹木に囲まれたなだらかなコースで、御岳山と同じく、こちらもケーブルカーを降りて山頂まで大人の足で約30分。道中で秋の名物「紅葉のトンネル」も見られますよ。
 
御岳山の詳しい情報はこちら(東京都御岳ビジターセンター)>>

吊り橋からの絶景「秋川渓谷」(東京都)

多摩川の支流で最大級といわれる秋川。あきる野市網代付近から北秋川・南秋川までの約20kmにわたるエリアが「秋川渓谷」です。
 
四季折々の景色はもちろん、森林浴を兼ねたウォーキングからバーベキュー、デイキャンプ、川遊びまで様々なアウトドアを満喫できます。

豊かな自然が広がる中、紅葉が特に美しいといわれるのが十里木と呼ばれるエリア。そのシンボル的な存在が清流に架かる「石舟橋」です。
 
全長約96mの橋は、銀杏の黄色、燃えるようなモミジの赤と周囲を樹木に囲まれ、自然と調和した景観も素敵。橋の上に立って思い出の1枚を撮影しちゃいましょう♪

十里木エリアで人気なのが、温泉施設「秋川渓谷 瀬音の湯」です。
男女ともに大浴場に露天風呂を供え、湯船から眺める紅葉も最高。湯ざわりもやわらかく、森林浴気分でくつろいでいるとつい長湯してしまいそう♪
 
温泉のほか施設には、旬の食材を楽しめるカフェ・ダイニング、新鮮な朝採り野菜など地元の特産品が並ぶ直売所も。屋外には無料で利用できる足湯もありますよ。
 
秋川渓谷の詳しい情報はこちら(あきる野市観光協会)>>

5つの滝をめぐる「養老渓谷」(千葉県)

養老川上流に広がる「養老渓谷」はハイキングのメッカ。遊歩道や散策コースなど歩きながら自然を満喫できるコースが整備されており、この季節は色づいた木々を眺めながらの紅葉狩りが楽しめます。
 
おすすめは、大迫力の養老の滝(粟又の滝)を含む5つの滝を眺める滝めぐりコース。

滝めぐりというと夏のイメージもありますが、色づいた木々と清流のコントラストがとてもきれい。苔生した石段を登ったり、敷石を渡ってみたり、遊歩道も緩急があってこどもたちも冒険気分で楽しめそうです。

養老渓谷は房総エリア屈指の温泉郷としても知られます。川沿いにはたくさんの温泉旅館があり、立ち寄り入浴を楽しむことも。
 
また養老渓谷への入口、小湊鐵道の養老渓谷駅には足湯の施設もあります(平日のみ営業)。鉄道を利用した場合は無料で利用できますよ♪(鉄道を利用しない場合は大人140円、こども70円)
 
養老渓谷の詳しい情報はこちら(養老渓谷観光協会)>>

船の上から紅葉狩り「長瀞渓谷」(埼玉県)

埼玉県秩父エリア、荒川の上流に位置する「長瀞渓谷」。
 
川の水が深く流れが緩やかなところを瀞(とろ)といいますが、名前通りの穏やかな流れが約6kmに渡って続き、その周囲を岩畳や赤壁、季節の樹木が彩る関東屈指の名勝地です。
 
川沿いにはモミジやクヌギの木々が多く、紅葉の季節はまた絶景。歩いて眺めることもできますが、長瀞の名物といえば川下り!船頭さんの楽しいガイドを聞きながら、川の上から秋の絶景を楽しみましょう。

料金はコースによって変わりますが、大人1800円~、こども900円~(3歳未満は無料)。ライフジャケットが着られる身長80cm以上のこどもから楽しめます。

 

川下りと並んで、長瀞渓谷の紅葉3大スポットにあげられるのが、「金石水管橋」と「宝登山」です。
 
金石水管橋は橋の上から360度に広がる紅葉を、宝登山はロープウェイを経て山頂から長瀞・秩父一体に広がる紅葉の景色を楽しめます。

宝登山の山頂には、「宝登山小動物公園」もあります。ヤギやサルなどにエサをあげたり、動物たちとふれあえるイベントなどもありますよ♪

【宝登山小動物公園】
入園料:大人500円、こども(3歳以上)250円
営業時間:10:00~16:30
※閉園時間は季節により変更があります

いかがでしたか?

きれいな紅葉を楽しむのが紅葉狩りの醍醐味ですが、景色をじーっと眺めるだけではこどもたちはちょっと退屈してしまうかも。紅葉狩りにからだを動かすレジャーの要素を組み合わせることで、きっと満足のお出かけになるはず。ママパパも景色に癒やされつつ、溜まったストレスをリフレッシュしちゃいましょう♪

RANKING

ランキング一覧

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

\今月のPICK UP記事☆/

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

\今月のPICK UP記事☆/

Follow us on
  • Facebook
  • RSS