PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

記念日に作ってみよう!オリジナルクラウン作成法

2022.04.26本記事は公開日時点の内容に基づきます

こどもの記念日や誕生日。お子さまの主役気分を盛り上げるためにクラウンを準備してみませんか? 
作り方が難しそう、材料費がかかりそう!と思ってしまいがちですが、実は簡単に作れるクラウンもあるんです。今回は3種類のクラウンの作り方をご紹介します。

フェルトで作る柔らかな王冠

まずご紹介するのは、フェルトを使ったクラウンです。柔らかいので、小さなお子さまの記念日にぴったりですよ。用意するのは、好きなカラーのフェルトとカラーぽんぽんです。

お子さまの頭位の長さに合わせ、フェルトに印をつけていきましょう。あとで縫い合わせるのでフェルトを二重にするのをお忘れなく。

お子さまの頭位+差し込み部分=全長になります。お子さまの頭位を5等分にした長さから三角形を5つかいていきましょう。

フェルトを縫い合わせ、ひっくり返しましょう。ミシンを使うととてもスピーディーにできあがります。

差し込み部分を中に仕舞い込んだら、あっという間に王冠のできあがりです。

今回は、カラーぽんぽんをグルーガンで接着してみましたが、ビーズなどで装飾してもOKです。お子さまの年齢に合わせて、数字のワッペンをつけるのもオススメです。アレンジがきくのでお子さまの好みに合わせてデザインしてみましょう。

数字ワッペンをつける場合は、マジックテープを使用すれば長く使用できますよ。

レースを使用したクラウン

続いて紹介するのはレースを使ったクラウンです。好みのレースと水で薄めたボンド、必要な場合は飾りを準備します。

適当な長さに切ったレースに水で薄めたボンドを染み込ませていきます。ボンドと水は、1:1くらいで混ぜておきましょう。

両面に染み込ませたら、しっかり乾燥させましょう。ボンド液が垂れてしまう場合があるので、新聞紙を敷いておくといいですよ。

レースがしっかり固まりました。パリパリになっていたら成功です。今回は色を塗りませんでしたが、好みのカラーに塗ってもOKです。

レースを円になるようにくっつけましょう。縫うかグルーガンでとめると簡単です。

最後にラインストーンをつけて完成です!100円ショップで購入したシールタイプのラインストーンを使用してみましたが、飾りはどんなものでも構いません。
使うときは、ティアラのようにお子さまの頭にのせてみてください。ズレてしまうという場合は、カチューシャなどに付けると使いやすいですよ。

リボンや布を結んでいくだけの華やかなリボンクラウン

最後にご紹介するのは、リボンを使ったリボンクラウンの作り方です。用意するのはワイヤー、端切れ、リボン数種類、マスキングテープです。

お子さまの頭の大きさに合わせて、ワイヤーで輪っかを作っていきます。両端はリボンが通せるように楕円にして残しておきましょう。

ワイヤーの先端は危険なので、マスキングテープで保護していきます。ワイヤーが重なり合っている部分もバラバラにならないようにマスキングテープで固定しておきましょう。

リボンや端切れは、8〜10cmくらいの長さに切っておきます。

あとはリボンや端切れを順番に結んでいくだけです。簡単な作業を繰り返すだけで、とってもかわいいクラウンができあがりますよ!

全体をリボンや端切れで覆っていきましょう。

最後に楕円の部分にリボンを通せば完成です!

時間はかかりますが、華やかな仕上がりになりますよ。リボンのカラーや種類を変えるだけで、全く印象の異なるリボンクラウンになります。組み合わせを考えながら作ってみてください。

スタジオアリスで記念日の撮影を!

スタジオアリスでは、記念日に応じた記念撮影プランを用意しています。クラウンなどの小物をはじめ、衣装もたくさん揃っているので、記念日にピッタリの撮影ができますよ♪素敵な写真で、思い出のアルバムを一ページずつ増やしてみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?

お子さまのイメージに合わせて作れるオリジナルクラウンがあれば、アルバムの写真ももっと華やぎますよ。きっとクラウンを作る時間も特別な思い出になるはずです。ぜひトライしてみてください。

RANKING

ランキング一覧

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

\今月のPICK UP記事☆/

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

\今月のPICK UP記事☆/

Follow us on
  • Facebook
  • RSS