PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

お家プールで楽しもう!こどもと楽しむプール遊び6選♪

2024.07.05本記事は公開日時点の内容に基づきます

気温が30度を超えはじめる7月。
暑いからといって、遊び盛りのこどもをずっとお家の中で遊ばせるのも・・・と考えてしまいますよね。
夏だからこそできるプール遊びで、こどもと一緒に楽しんでみるのはいかがでしょうか?

この記事では、たくさん種類のあるビニールプールの中からこどもに合ったものを選ぶ方法や、プール遊びの紹介をします。
暑い夏をこどもと一緒に乗り切りましょう♪

ビニールプール選びのポイントは?

ビニールプールを選ぶときに確認しておくのは、以下の5点です。

・ビニールプールの大きさ
・ビニールプールの深さ
・アトラクション(すべり台など)の有無
・底面の素材
・空気入れ、水抜きの方法

大きさ、深さ、アトラクションについては、設置する予定の場所の広さと、ビニールプールに書かれている対象年齢を参考にすることで選びやすくなりますよ♪
底面の素材については、クッションになっているものがおすすめです。
クッションになっているものであれば、プール内でこどもが転んでしまったときにもケガをしにくくなります。

また、意外と重要なのが空気入れ、水抜きの部分です。
ビニールプールを買ったはいいものの、準備や片付けが大変だと気軽に遊べないですよね。
電動の空気入れが使用できるかどうか、プールをひっくり返さなくても水抜きができるかどうか確認しておきましょう♪

いざ、プール遊び!涼しく、楽しく遊んでみよう!

1.水鉄砲やホースで水をかけてみよう!
プール遊びの定番と言えば、水のかけあいっこ。
水鉄砲やホースを使って、全身で水を楽しみましょう♪
水鉄砲など、激しい遊びはまだ早いかも・・・というこどもには、シャワータイプのホースや、じょうろを使って水をかけてあげるのも安全で楽しいですよ!

2.浮き輪でぷかぷか楽しもう!
ある程度の広さ深さがあるビニールプールなら浮き輪もおすすめ!
ぷかぷかと浮かぶことができるのは、プールならではの楽しみですよね。
浮き輪にもたくさんの種類があるため、こどもがプールに慣れてきたらまたがって乗れるようなものにもチャレンジしてみても良いですね!

3.〇〇すくいで盛り上がろう!
スーパーボールや、水に浮べられるおもちゃを使って、お祭りのような〇〇すくいを楽しむのはいかがでしょうか。
こどもと一緒に、どちらが多くおもちゃをすくうことができるか競ったり、すくった数を数えて学びにつなげたりと、色々な楽しみ方ができますよ◎
普段、お風呂に浮かべているおもちゃがあればそのままプールに利用するのもおすすめです。

4.お家にある大型おもちゃを活用しよう!
滑り台やアスレチックブロックなどの室内遊具があるご家庭は、プールと合体させてみるのもおすすめ。
移動が少し大変ですが、滑り台の先をプール内にしたり、アスレチックブロックをプールの横に置くだけでプールが一気に豪華なアスレチックへと早変わり。
普段は遊び慣れて使う頻度が減ってしまった遊具でも、楽しめること間違いなしですよ♪


5.シャボン玉で思いっきり遊ぼう!
こどもが大好きなシャボン玉。普段は服が汚れてしまうことを考えて、少し控えめに・・・なんて経験はありませんか?
プールのために水着を着ているときであればそんな心配もいらず、思いっきりシャボン玉を楽しむことができますよ♪


6.お水が好きなペットと一緒に♪
お水が好きなペットと一緒に暮らしている方は、一緒にプールで遊んでみるのもおすすめ。
暑いのが苦手なのはペットも同じですよね。一緒にプールで遊べれば、こどもにとっても、ペットにとっても楽しい思い出になるはずですよ♪

プール遊びで気を付けることは?

プール遊びで何より気を付けたいのは、安全性を確保しておくことです。
プール遊びをすると、水にぬれて滑りやすくなっているため、転んでしまうこともあります。
その際、周りにぶつかってしまう可能性も。プールの周りには、ぶつかると危ないようなものは置かないようにすることが大事です。
また、プール内で転んでしまって起き上がれない状態になってしまうと、最悪の場合、溺れてしまうことがあります。
プール遊びの間はこどもから目を離さず、安全に気を配るようにしましょう。

また、暑いからといってプールに冷たい水を使用すると、体温との差でこどもの健康に良くありません。早めに準備をして日光で水温を上げておくなどの工夫が必要です。

そして、夏と言えば熱中症にも注意が必要です。
水分補給をしっかりし、長時間日光にあたることはないように、適宜休憩をはさみましょう。

可能であれば日陰にプールを置いたり、日陰を作れるタープを設置したりするのがおすすめ。帽子をかぶったり、日焼け止めも塗っておくと安心ですね◎

いかがでしたか?

暑い夏を楽しく乗り切るため、プール遊びもぜひ取り入れていきたいですよね。
こどもの年齢や、設置場所のことを考えて素敵なビニールプールを選んでみてくださいね♪

紹介したプール遊び以外にも、お家にあるおもちゃや砂場遊びで使うスコップ、バケツなどを活用して遊んでいるご家庭も。
ちょっとしたアイデアで、いろんな楽しみ方ができそうですね!

工夫次第でいろいろな遊び方ができるプール。安全に注意しながら、こどもと一緒に楽しい夏の思い出をつくりましょう!

RANKING

ランキング一覧

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

\家族の思い出に!/

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

\夏♪こどもと過ごすコツ/

Follow us on
  • Facebook
  • RSS