PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

こどもが喜ぶ!プール遊びのアイディアとプールでの注意点

2021.07.12本記事は公開日時点の内容に基づきます

暑い季節がやってくると、自宅でプールを楽しむという人も多いかと思います。でもただプールに水を張るだけじゃ、こどもも飽きてしまいますよね。
 
今回は、こどもが喜ぶプール遊びのアイディアをご紹介。さらにプール遊びでの注意点もご紹介するので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

こどもが喜ぶプール遊びのアイディア!

水を張ったプールにボールやヨーヨーを浮かべてみましょう。ポイを使って、ボールすくいをしても楽しそう!水風船を浮かべても、こどもは大喜び間違いなしです。

ジョウロを使ってシャワー遊び。ペットボトルに穴をあけて、オリジナルのシャワーを作るのもオススメ!穴をあける場所によって水の出方が変わります。

いらなくなったマヨネーズやケチャップの容器も水遊びに最適です。容器によって水の出方も変わるので、色んな空き容器を使ってみて。どんなものがおもちゃになるのか、こどもと考えてみましょう。

紙コップひとつあれば、ヨットが作れます。好きな形に切り抜いて、油性マジックで色付けすれば完成です。

空いたトレーの組み合わせで船の工作をしてみても。口で吹いたり、うちわで風を当てたりして、どれが一番早いのか競争するのも楽しいですよ。

ペットボトルは、ロケットに大変身!油性マジックや水に濡れても剥がれにくいテープを使って、思い思いのロケットを制作してみましょう。中にはビーズやスパンコールを入れてもOK。

できあがったロケットに水を入れてキャップを閉めたら、プールの中に沈めて手を離して遊びます。水を入れる量によって、ロケットの飛び方も変わってくるので色々試してみてください。

自宅のプールでゴーグルを使うのもあり。水の中におもちゃを沈めて、宝探しをしてみましょう。水が苦手な子も少しずつ慣れてくれるはず!

プール遊びの注意点は?

①絶対に目を離さない

こどもは深さ10cmあれば、溺れてしまいます。短時間だからと油断せず、絶対に目を離すことなく大人が付き添いましょう。また、滑って怪我をしてしまう可能性も。濡れた場所は滑りやすいので、大人がしっかり目を光らせて。

②熱中症に注意!

いくら水が入っているからといって、直射日光が当たる中、プールに入り続けるのは危険です。帽子を被らせたりサンシェードを設置するなど工夫をしてみて。一番暑くなる時間帯を避けるようにし、水分を取り、十分に休憩しながらプールで遊ばせましょう。

③低体温に気をつけて

こどもは、体が小さいため急激に体が冷えてしまうこともあります。休憩しながらプール遊びを楽しむようにしてください。

プール中の休憩は、年齢にもよりますが、10分〜1時間に一回は必ずとるようにしましょう。時間はあくまでも目安ですので、お子さまの体調に合わせて調整してあげてください。

いかがでしたか?

こどもが喜ぶおうちプール。注意点を守って、プール遊びをもっと楽しいものにしてみてください♪

RANKING

ランキング一覧

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

\夏だから気をつけたいこと/

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

\夏だから気をつけたいこと/

Follow us on
  • Facebook
  • RSS