PINTOを見に来てくれてありがとう 真ん中のボタンを押して、「ホーム画面に追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

PINTOを見に来てくれてありがとう このページを「ホームに追加」するともっとアクセスしやすくなるよ!

賃貸でもOK!こどもがいる家の防音対策グッズをチェックしよう

2021.03.14本記事は公開日時点の内容に基づきます

雨の日のみならず、感染対策としても家で過ごす時間が増えがちな今日この頃。こどもと一緒に家にいるとなると、家の防音にも気を配りたいところですよね。
防音対策って工事が必要なのでは?…と身構えてしまいそうですが、今は気軽に取り入れられる防音対策グッズがたくさん登場しています!ぜひチェックしてみてください。

床のドタドタ音が気になる場合は防音マット

防音マットがあれば、床を歩く音をはじめとする振動音を防ぐことができます。厚みのあるマットは、プレイマットとして使うだけでなく、転がっても気持ちが良いので、おうち時間を心ゆくまで満喫できそう。

普段はコンパクトにしまっておける折り畳みマットは、必要な時にだけ使うことができますよ。おもちゃを出したり、運動をしたりと幅位広い用途で使えるので、一枚持っておくと便利です。

話し声や楽器の音が気になる時は防音カーテン

話し声やテレビの音、楽器の音などが気になる場合は防音カーテンを使ってみて。自分の家から発せられる音漏れを軽減してくれるだけでなく、外からの騒音が気になる場合にも役立ちます。

レースタイプなら、日中でも使いやすいですよ。防音カーテンは、窓より大きいサイズを選ぶことが大切です。

隙間からの音漏れをカバーしてくれる防音テープ

盲点になりがちなのが、窓や扉の隙間からの音漏れです。気になる隙間を見つけたら、防音テープで隙間を埋めてみましょう。隙間をふさぐことで、冷暖房使用時の節電にも役立ち、一石二鳥♪

設置も簡単な防音パーテーション

家族で過ごす時に、部屋の音が気になる時もありますよね。そんな時は、部屋の間仕切りとしても使える防音パーテーションを使ってみましょう。勉強に集中したい場合にもぴったりなアイテムです。

壁はリメイクシートでも防音可能!

防音対策できるリメイクシートも登場しています。部屋にいる時間が多い時だからこそ、気分転換をかねて部屋の印象を変えつつ、防音対策するのもいいですね。

いかがでしたか?

意外と簡単にできる防音対策。ぜひ取り入れて、快適なおうち時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

RANKING

ランキング一覧

この記事が気に入ったら 「いいね!」をしよう

最新情報をお届けします

\手軽にできる学びと遊び♪/

こちらもおすすめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RANKING

ランキング一覧

\手軽にできる学びと遊び♪/

Follow us on
  • Facebook
  • RSS